「来たるべき劇場」を提示する『シアターコモンズ』に森村泰昌ら国内外9組

舞台芸術のイベント『シアターコモンズ'18』が、2月22日から東京・港区エリア各所で開催される。

昨年初開催された『シアターコモンズ』は演劇の「共有知」を活用して社会の「共有地」を生み出すプロジェクト。「来たるべき劇場/演劇」の提示を目的として、演劇公演に加えて、レクチャー形式のパフォーマンス、創作プロセスを参加者と共有するワークショップ、対話型イベントなどを3週間にわたって行なう。

会期中には、森村泰昌の初となるレクチャーパフォーマンスや、オランダの劇団アルテミスによる子供向けワークショップ、『ドクメンタ14』の参加作家ブシュラ・ハリーリの『テンペスト・ソサエティ』の日本初上映、マレーシアの演出家マーク・テによる新作の日本初演などを実施。国内外から9組のアーティストが参加する。

『シアターコモンズ'18』のオフィシャルサイトでは一部を除いた全プログラムに参加可能な「コモンズパス」を販売中。

イベント情報

『シアターコモンズ'18』

2018年2月22日(木)~3月11日(日) 会場:東京都 港区エリア各所
参加アーティスト: ブシュラ・ハリーリ 藤井光 ジュリアン・フルネ(アミカル・ド・プロダクション) マーク・テ(ファイブ・アーツ・センター) 森村泰昌 萩原雄太(かもめマシーン) 小泉明郎 シュウ・ジャウェイ 劇団アルテミス and more 料金:コモンズパス 一般4,800円 学生3,500円 港区民4,500円

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 「来たるべき劇場」を提示する『シアターコモンズ』に森村泰昌ら国内外9組

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて