蜷川実花×尾形真理子のルミネ新広告 モデルは八木莉可子、小説企画も

ルミネの新たな広告ビジュアルが公開された。

「わたしらしくをあたらしく」をコーポレートメッセージに掲げるルミネ。本日2月1日から公開された広告ビジュアルは、これまでもルミネの広告を手掛ける写真家の蜷川実花とコピーライターの尾形真理子がタッグを組んで制作された。モデルは八木莉可子。

「わたしの上にある空は、何度でも晴れる。」をコピーに据えた同広告。YouTubeではイメージ映像も公開中だ。

さらに新たな試みとして尾形真理子が短編小説『One piece of a woman』を書き下ろし。春、夏、秋、冬の4回にわたってシーズンごとに発表される予定となり、連載の第1回目『こちらはカモメ』が2月15日に特設サイトで公開される。

  • HOME
  • Art/Design
  • 蜷川実花×尾形真理子のルミネ新広告 モデルは八木莉可子、小説企画も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて