ニュース

押切蓮介原作&山田杏奈主演の映画『ミスミソウ』、10人の劇中写真を公開

山田杏奈演じる野咲春花とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
山田杏奈演じる野咲春花とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会

4月7日公開の映画『ミスミソウ』の主要キャストのビジュアルが公開された。

押切蓮介の同名漫画をもとにした同作のあらすじは、東京から田舎に転校した主人公・野咲春花が部外者として扱われ、壮絶ないじめに遭うというもの。同じく転校してきたクラスメイト・相場晄を心の支えにしていた春花だが、いじめがエスカレートする中で大きな悲劇に見舞われ、やがて心が崩壊していく様が描かれる。春花役に山田杏奈、晄役に清水尋也がキャスティング。

今回公開されたビジュアルは、いじめの標的にされていた佐山流美役の大塚れな、大津馬中学校3年1組の教師・南京子役の森田亜紀、放火事件によって全身火傷で重体となる春花の妹・祥子役の玉寄世奈、春花と祥子の祖父・満雄役の寺田農、いじめグループのメンバーとして橘吉絵役の中田青渚、加藤理佐子役の紺野彩夏、三島ゆり役の櫻愛里紗、久賀秀利役の遠藤健慎、真宮裕明役の大友一生、池川努役の遠藤真人の10人となる。

清水尋也演じる相場晄とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
清水尋也演じる相場晄とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
大谷凜香演じる小黒妙子とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
大谷凜香演じる小黒妙子とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
森田亜紀演じる南京子とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
森田亜紀演じる南京子とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
大塚れな演じる佐山流美とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
大塚れな演じる佐山流美とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
中田青渚演じる橘吉絵とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
中田青渚演じる橘吉絵とそのビジュアル ©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告