ニュース

Four TetとFloating PointsがB2B、『RAINBOW DISCO CLUB』第2弾発表

『RAINBOW DISCO CLUB 2018』第2弾発表ビジュアル
『RAINBOW DISCO CLUB 2018』第2弾発表ビジュアル

『RAINBOW DISCO CLUB 2018』の第2弾出演者が発表された。

4月28日から30日まで静岡・東伊豆クロスカントリーコースで開催される『RAINBOW DISCO CLUB 2018』。追加出演者として発表されたのは、B2Bセットを披露するFour Tet×Floating Points。Four Tetは4月に来日公演を行なうことを先日発表していた。第2弾発表に寄せて主催者のMasahiro Tsuchiyaによるコメントも公開された。

なお第1弾発表ではDJ Nobu×Joey Andersonの出演が明らかになっていた。チケットは本日2月3日から販売中。

Masahiro Tsuchiya(RAINBOW DISCO CLUB)のコメント

自分の中で最も好きなアーティストの2人が揃って「RAINBOW DISCO CLUB」に出演する。今回の来日を実現できて自分が一番喜んでいるんじゃないかと思ったりもするくらいだ。

ロンドンの老舗クラブ「Plastic People」閉店の最後の6時間のB2Bセットなんて、涙を浮かべながら何度聞いたか分からないし、それ以外にもNTS Radio等にもアップされている音源はすべて聞いたと思う。

だが、Four TetとFloating Pointsの2人が揃ってプレイしたことは日本ではまだなくて、当然自分も見たことはない。きっと自分のように見たいと思っている人はたくさんいるはずだ。そう思って願い続けていたことがやっと日本で実現する。

Floating Pointsは去年出演してくれた際にも最高のプレイで圧倒し、改めて素晴らしいアーティストだということを証明してくれた。Fout TetはThe xxの「A Violent Noise(Four Tet Remix)」でグラミー賞にノミネートされていたりと、個々の活動も本当に精力的で、故に実現するまでの道のりは決して楽なものではなく、相当の時間がかかったのは事実。そのような背景(理由)もあり、今回のブッキングが決まった時の僕自身の盛り上がりようは相当なものだった。

いよいよ念願叶って彼らを招聘できたのはとても誇らしく、待ちきれない心境だ。伊豆のあの会場で彼らが紡ぎ出す素晴らしい音楽の数々を来場者の皆さんがどのように受け止めフロアに昇華していくのか。心が躍るとはまさにこのこと。

ぜひこの機会を見逃すことなく楽しんでいただきたい。みなさんの心に残る最高の体験になると約束します。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年