ニュース

the telephonesが『VIVA LA ROCK』に出演 活動休止から2年半ぶりライブ

the telephones
the telephones

5月3日から3日間にわたって埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される『VIVA LA ROCK 2018』にthe telephonesの出演が発表された。

2015年にさいたまスーパーアリーナで開催されたライブを最後に無期限活動休止に入っていたthe telephones。ライブを行なうのは約2年半ぶりとなり、『VIVA LA ROCK 2018』2日目の5月4日に出演する。

the telephonesは今回のライブ出演について「2015年から活動休止していた僕たちですが、一瞬、電波を入れて地元埼玉のフェス『VIVA LA ROCK』に出演します!」とコメント。また「『VIVA LA ROCK』5周年の今年、このタイミングで、このステージで、久々に4人が集まってthe telephones の曲を鳴らすことにとても興奮しています、そして喜びを覚えています。久しぶりに猿のように踊ろうぜ!!!」と意気込みを語っている。

同イベントは今後も追加出演者の発表を予定。チケットの先行販売は2月22日18:00まで受付中だ。

the telephonesのコメント

お久しぶりです。2015年から活動休止していた僕たちですが、一瞬、電波を入れて地元埼玉のフェス「VIVA LA ROCK」に出演します!ライブは2年半ぶり。「VIVA LA ROCK」への出演は3年ぶりになります。「VIVA LA ROCK」とは、開催一年目からの付き合いで、トークショーも、メインステージのトリもDJもライブが始まる前のジングルも、あらゆる場面で関わらせてもらっていてたくさんの思い出があります。
僕たちthe telephonesは埼玉県出身のバンドです。このフェスがさいたまスーパーアリーナで開催されていることをとても誇りに思っています。「VIVA LA ROCK」5周年の今年、このタイミングで、このステージで、久々に4人が集まってthe telephonesの曲を鳴らすことにとても興奮しています、
そして喜びを覚えています。

久しぶりに猿のように踊ろうぜ!!!
DISCO!!!

VIVA LA ROCKのコメント

何よりもまず、the telephonesがロックシーンに帰ってくることに喜びを覚えます。彼らの活動休止前にドロップされたアルバムのタイトルは『Bye Bye Hello』ですが、その「Hello」が果たされる日がようやく来たんだと思っています。お帰りなさい!そしておめでとうございます!!
the telephonesがいなかった間、いうまでもなく彼らのような存在は他にいなくて、そのぽっかり空いた穴は、いつだって最高のライヴが鳴り響き続けるビバラの中でさえ空いたままでした。ロックに対する想い、踊ることに対する執念、ディスコ!であることの意味と意義、そして埼玉への溢れ続ける想いーーそれらを今一度生身で体感できる喜び、そして彼らの地元北浦和からほど近いさいたまスーパーアリーナで果たされる感激は計り知れません。
4人にはビバラ本体を開催する前からキックオフイベントに出演していただいたり、何度も何度もこのフェスのためだけのプロモーションに参加していただいたり、まだどんなフェスになるのかもわからない段階から全面的な協力をいただき続けてきました。朝早くからテレビ埼玉の番組に出演し、「埼玉にロックが根付く新しいきっかけが生まれるんだ」と熱弁してくれた、あのメッセージ、あのテンションがあったからこそ、今のビバラがあると本当に心の底から思っています。
何度も何度も言いますが、the telephonesが帰ってきます。5月4日のビバラに帰ってきます。この魔法のような大切な時間をどうしようかと、小躍りしながらずっと考えています。最高のロックパーティーが、今年のビバラに生まれます。やはりthe telephonesは永遠に不滅でした。そのことが証明されると思うと嬉しくて嬉しくてたまりません。ビバラとしても全力で準備を続け、全力で彼らを迎えたいと思います。その時を、どうかお楽しみに!!

『VIVA LA ROCK 2018』ロゴ
『VIVA LA ROCK 2018』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像