ニュース

榮倉奈々がワニに食われる&安田顕が絶叫 映画『妻ふり』特報映像公開

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の公開日が6月8日に決定。あわせてティザービジュアルと特報映像が公開された。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、2011年に「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という文から始まる質問をもとにした作品。李闘士男が監督を務める映画版では、不思議な行動を繰り返す妻・ちえ役を榮倉奈々、冷静なちえの夫・じゅん役を安田顕が演じる。

今回公開された特報映像では、結婚式やデートなど、ちえとじゅんの仲睦まじい様子や、血のりを口から流して横たわるちえが起き上がり、絶叫するじゅんに「驚きました?」と尋ねる場面、兵士や落ち武者に扮して死んだふりをするちえの姿が確認できる。ティザービジュアルには「何で!?」という文字と共に、ちえがうつ伏せ姿でワニに頭をくわえられているシーンが使用された。

死んだふりのシーンの感想について榮倉は「早く終わらないかなと思うほど本当に大変でした(笑)ワニは特にシュールでした」とコメント。榮倉について安田顕は「榮倉さん面白かったですね」「作品に対するプロ意識に改めて尊敬致しました」と称賛。李闘士男監督も「榮倉さんは天才!理由も語らず死んだふりをし続ける、ぶっとんだキャラの妻を誰がみても愛らしく可愛いキャラクターにしてくれた」と太鼓判を押した。

榮倉奈々のコメント

死んだふりのシーンは、早く終わらないかなと思うほど本当に大変でした(笑)ワニは特にシュールでした。
安田さんとの共演は久しぶりだったのですが、今回は夫婦役ということで少し照れくさかったです。(演じた)ちえは、表現方法は少し変わっていますが、(安田さん演じる)じゅんさんのことが大好きで、大切なものが何か分かっている芯のある人だと思います。
この作品は凄く繊細で愛のある、優しい映画だと思います。結婚したい人も、したくない人も、した人も、結婚について考えている全ての人にぜひ観ていただきたいです。

安田顕のコメント

この撮影で一番印象に残っているのは、やはり榮倉さんの死んだふりですね。メイクさんも衣装さんもご苦労されて、皆さんでつくりあげたものです。
榮倉さん面白かったですね。(撮影の前半戦は死んだふりのシーンが続いたのですが)榮倉さんの作品に対するプロ意識に改めて尊敬致しました。
特に印象に残っているのは、やっぱり榮倉さんがワニに食べられているシーンです。榮倉さんとは朝ドラでご一緒していまして、今回夫婦という役柄で共演できたことがとても嬉しかったです。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』ティザービジュアル ©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』ティザービジュアル ©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』 ©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』 ©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く