ニュース

渡辺直美がフリーダ・カーロ役 ピクサー『リメンバー・ミー』吹替声優に

3月16日から全国で公開されるピクサーアニメーションスタジオの新作映画『リメンバー・ミー』で、渡辺直美が日本語吹き替え版声優を務めていることがわかった。

渡辺直美が演じるのは、物語の舞台となる「死者の国」で主人公・ミゲルが出会う情熱的な芸術家フリーダ・カーロ。実在のアーティストであるフリーダ・カーロをモチーフにしたキャラクターだ。

ディズニーやピクサーの作品で初めて声優を務める渡辺直美は「ディズニー/ピクサー作品を全部観ているので、すごく嬉しかったです!」と喜びを明かしている。

また作中のカラフルな世界観について「色彩が綺麗過ぎてびっくりしました。色の組み合わせや死者の国の輝き方とか、色合いがすごく可愛くて素敵でした」と賛辞を贈っているほか、自身が演じたフリーダ・カーロについては「女性でフリーダに憧れている方は多いですよね。携帯の待ち受けにしていたり、グッズもたくさん出ていたり。今、メキシコの可愛い色合いがとても流行っているので、今のこの時代に作品がすごくぴったりだと思いました」「フリーダの服装が可愛かったので、そういう感じのファッションが2018年夏に増えそう!」とコメント。

ディズニーと担当者は渡辺の起用理由について「フリーダ・カーロは『情熱の画家』と呼ばれ、時代を切り拓いた革新的な女性の象徴として世界中の人々から愛される存在。ニューヨーク留学やワールドツアーを行っている渡辺直美さんも、常に世界に向けて革新を起こし続けており、まさに現代のフリーダ・カーロ。時代の最先端を行くファッション性やその個性的な世界観で注目を集める女性であると思いオファーさせて頂きました」と述べている。

今回の発表とあわせて渡辺が演じるフリーダが登場する本編映像が公開。アトリエに迷い込んだミゲルと愛犬ダンテがフリーダと出会う場面が映し出されており、カラフルな衣装やダンテを見て興奮する様子などフリーダの独特のキャラクターが垣間見える内容になっている。

『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチが監督を務めた『リメンバー・ミー』は、1年に1度だけ亡くなった家族たちに会えるという「死者の日」を題材にした作品。死者の国を舞台に、音楽を禁じられた少年ミゲルと、家族が恋しいガイコツのヘクターが冒険を繰り広げる物語だ。『アナと雪の女王』の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』と同時上映される。

上から:渡辺直美が声を演じるフリーダ・カーロ、渡辺直美アフレコ風景 ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
上から:渡辺直美が声を演じるフリーダ・カーロ、渡辺直美アフレコ風景 ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『リメンバー・ミー』 ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『リメンバー・ミー』 ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『リメンバー・ミー』ポスタービジュアル ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『リメンバー・ミー』ポスタービジュアル ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く