ニュース

ASIAN KUNG-FU GENERATIONベスト盤が3タイトル同時発売&6月から全国ツアー

ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』初回生産限定盤ジャケット
ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』初回生産限定盤ジャケット

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのベストアルバム『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』が3月28日にリリースされる。

同バンドにとって約6年ぶり、2枚目のベストアルバムとなる同作には、2012年以降の楽曲からセレクトされた16曲に、“荒野を歩け”以来約1年ぶりの新曲“生者のマーチ”を加えた全17曲を収録。初回生産限定盤には、昨年に東京・豊洲PITで行なわれたFEEDERとのツアー『ASIAN KUNG-FU GENERATION×FEEDER Tour 2017 Supported by PIA』から、“生者のマーチ”を含むライブ映像6曲を収めたDVDが付属する。

さらに同日3月28日には、それぞれ「骨っぽい曲」「芋っぽい曲」を15曲ずつ収録したベスト盤『BEST HIT AKG Official Bootleg“HONE”』『BEST HIT AKG Official Bootleg“IMO”』もリリース。両作は『BEST HIT AKG』をリリースした2012年に、後藤正文(Vo,Gt)がセレクトしてブログに綴っていた架空のベストアルバムが現実化したものとなる。ジャケットのアートワークには、当時後藤自身が描いた骨と芋のイラストを採用。

またASIAN KUNG-FU GENERATIONは、6月から全22公演を行なう全国ツアー『Tour 2018「BONES & YAMS」』を開催。チケットのオフィシャル先行予約は2月21日まで受付中だ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』収録内容

[CD]
1. 夜を越えて
2. 踵で愛を打ち鳴らせ
3. All right part2
4. それでは、また明日
5. アネモネの咲く春に
6. 今を生きて
7. ローリングストーン
8. Standard / スタンダード
9. Easter / 復活祭
10. Planet of the Apes / 猿の惑星
11. Wonder Future / ワンダーフューチャー
12. Right Now
13. ブラッドサーキュレーター
14. リライト(2016)
15. Re:Re:(2016)
16. 海岸通り(2016)
17. 生者のマーチ
[DVD]
『LIVE AT TOYOSU PIT, 2017.12.7-8』
1. Re:Re:
2. Standard / スタンダード
3. Easter / 復活祭
4. Planet of the Apes / 猿の惑星
5. 生者のマーチ
6. 今を生きて
※DVDは初回限定盤に付属

ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』通常盤ジャケット
ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG 2(2012-2018)』通常盤ジャケット
ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG Official Bootleg“HONE”』ジャケット
ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG Official Bootleg“HONE”』ジャケット
ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG Official Bootleg“IMO”』ジャケット
ASIAN KUNG-FU GENERATION『BEST HIT AKG Official Bootleg“IMO”』ジャケット
ASIAN KUNG-FU GENERATION
ASIAN KUNG-FU GENERATION
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー