『この世界の片隅に』が3月からNetflixで配信 『AnimeJapan』にのん登壇も

アニメーション映画『この世界の片隅に』が3月15日からNetflixで配信される。

2016年に公開されたこうの史代原作、片渕須直監督による『この世界の片隅に』は、戦火に包まれていく日常の中で、日々を大切にしながら生きるすずの姿を描いた作品。主人公・すずの声をのんが担当したほか、共演の声優陣には細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓、澁谷天外らが名を連ねる。音楽はコトリンゴが担当。

Netflixでの配信はサブスクリプション動画配信サービスでは独占となる。配信はアメリカ、カナダをはじめとする地域で実施される。

片渕須直監督は「この作品は、たんぽぽの綿毛のようです。新しい風に乗って新しい土地へ、新しい出会いのために広がっていけるといいなと期待します」とコメント。またのんは「まだまだ、この映画に触れた事のない方もいらっしゃると思いますので、色んなたくさんの方々に、『この世界の片隅に』を観ていただくきっかけになればいいなと思います」とコメントを寄せている。

なお3月24日に東京・有明の東京ビッグサイトで行なわれる『AnimeJapan2018』内の「3月NETFLIXアニメ祭!」にのんが登壇。同イベントにはのんに加えて、平田広明、梶裕貴、白石晴香、小林裕介、上村祐翔らも出演する。

片渕須直監督のコメント

この作品は、たんぽぽの綿毛のようです。
新しい風に乗って新しい土地へ、新しい出会いのために広がっていけるといいなと期待します。

のんのコメント

私はすずさん役として映画に参加させていただきましたが、本当に思い入れの強い作品になりました。『この世界の片隅に』は2016年の映画なのですが、今年に入って新たに上映館が決まったりと長く愛される作品になりました。
そして、『この世界の片隅に』に関わった、私含め全てのスタッフキャストの皆様、映画を愛してくださる全ての人達の思いによって再びこの作品が注目される、という事に心から喜びを感じます。
『この世界の片隅に』は、戦時下にある広島・呉が舞台ではありますが、ひと口に戦争の映画という訳ではありません。すずさん達が、日々やりくりしていく毎日を過ごしていく、何があっても毎日はやってくる、という事の温かさや、日常の中にある大切な幸せに気付く不思議な映画だと思います。それは沢山の人達に通じるメッセージがあると信じているので、この世界のどこかにいる方達に届けられるのはとても嬉しいです。
AnimeJapan2018に参加できることはとても嬉しいです。
まだまだ、この映画に触れた事のない方もいらっしゃると思いますので、色んなたくさんの方々に、『この世界の片隅に』を観ていただくきっかけになればいいなと思います。

作品情報

『この世界の片隅に』

2018年3月15日(木)からNetflixで配信
監督・脚本:片渕須直 原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社) アニメーション制作:MAPPA 声の出演: のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外 配給:東京テアトル
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『この世界の片隅に』が3月からNetflixで配信 『AnimeJapan』にのん登壇も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて