『ユリイカ』ソフィア・コッポラ特集にA・ダーハム、堀越英美、草刈民代ら

ソフィア・コッポラの特集記事が、2月27日刊行の『ユリイカ2018年3月号』に掲載される。

『第70回カンヌ国際映画祭』で女性としては56年ぶり、2人目となる監督賞に輝いた新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』が2月23日から日本公開されているソフィア・コッポラ。

特集ではソフィア・コッポラへのインタビュー「ショート&スウィートな幸福」をはじめ、堀越英美のエッセイ「ミレニアル・ピンクは埋葬されない」や、写真家・アンドリュー・ダーハムとソフィア・コッポラの対談「スナップショットのように――撮影という営為の親密さについて」、ジャパンプレミアでのソフィア・コッポラと草刈民代の対談「厳しさと美しさ」、伊藤弘了によるフィルモグラフィー「ソフィア・コッポラ主要作品解題」などを掲載する。

登場作品は『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』をはじめ、『ヴァージン・スーサイズ』『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』『ビル・マーレイ・クリスマス』など。

執筆陣は小澤英実、槻舘南菜子、田村千穂、渥美喜子、平芳裕子、木津毅、河野真理江、大久保美紀、関根麻里恵、北村紗衣、久保宏樹、降矢聡、西田博至、大久保清朗らが名を連ねる。

特集記事のほか、明治大学の在学生に与えられる文学賞『第9回倉橋由美子文芸賞』を受賞した青木久瑠美『泉』も発表される。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『ユリイカ』ソフィア・コッポラ特集にA・ダーハム、堀越英美、草刈民代ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて