ニュース

チェルフィッチュの「映像演劇」展 『渚・瞼・カーテン』が美術館で開催

『The Fiction Over the Curtains』2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫
『The Fiction Over the Curtains』2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫

『渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉』が4月28日から熊本・熊本市現代美術館で開催される。

岡田利規が主宰を務める演劇カンパニー・チェルフィッチュ。これまでに国内外の70都市で作品を上演している。岡田は2005年に『三月の5日間』で『第49回岸田國士戯曲賞』を受賞。

同展はチェルフィッチュにとって初めての映像による展示。岡田が「境界のありよう」をテーマに作る6本の「映像演劇」で構成される展覧会となる。

「映像演劇」は岡田が映像作家・山田晋平と共に取り組み始めた新しい形式の演劇となり、投影された映像が人の感覚に引き起こす作用によって展示空間を上演空間に変容させる試み。岡田は展示について「〈映像演劇〉のコンセプトを実現した複数の、鑑賞者に問いと経験をもたらしうる作品をつくり、それをひとつの演劇公演として展示する」と説明している。

タイトルの『渚・瞼・カーテン』は、柔らかくて曖昧な有り様について想像するためのヒントになりうる3つの単語を並べたものだという。会場構成は長坂常(スキーマ建築計画)が担当。出演は青柳いづみ、安藤真理、太田信吾、大村わたる、川崎麻里子、吉田庸、塚原悠也(contact Gonzo)。

岡田利規のコメント

〈映像演劇〉及びタイトルについて

たとえば、身体を凝視するという経験の質は、それが生身の人間の身体なのか映像における身体なのかによって、大きく異なる。演劇という形式の特性のなかには、映像というメディアによってより生かされ、はっきりとしていくものがある。その作用を用いて、映像による演劇をつくる。それを私たちは今のところ、〈映像演劇〉と呼ぶ。〈映像演劇〉のコンセプトを実現した複数の、鑑賞者に問いと経験をもたらしうる作品をつくり、それをひとつの演劇公演として展示する。
扱いたいのは、ふたつの異なるものや領域やタイプのあいだの境界のありようをめぐる、現在においてごくオーソドックスな問題。今回の『渚・瞼・カーテン』というタイトルは、もちろんそれを指し示している。

『A Man on the Door』2017–18 プロダクションショット
『A Man on the Door』2017–18 プロダクションショット
『楽屋で台本を読む女』2017–18 プロダクションショット
『楽屋で台本を読む女』2017–18 プロダクションショット
『第四の壁』2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫
『第四の壁』2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫
『働き者ではないっぽい3人のポートレート』2017–18 プロダクションショット
『働き者ではないっぽい3人のポートレート』2017–18 プロダクションショット
『Standing on the Stage』2017–18 プロダクションショット
『Standing on the Stage』2017–18 プロダクションショット
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進