ニュース

偽の教育番組で育った男が騒動起こす 映画『ブリグズビー・ベア』6月公開

映画『ブリグズビー・ベア』が6月23日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかで公開される。

同作の主人公は、25年間にわたって外の世界から遮断された小さなシェルターで両親と3人だけで暮らしている青年・ジェームス。両親だと思っていた男女は25年前に彼を誘拐他人物だということが発覚したことから、外の世界で「本当の家族」と暮らし始めるジェームスの様子が描かれる。偽の両親によって作られた教育番組『ブリグズビー・ベア』がジェームスに与えた影響が、周りを巻き込んで騒動を起こすというあらすじだ。

メガホンを取ったのは『サタデー・ナイト・ライブ』のディレクターも務めるデイヴ・マッカリー。主人公ジェームス役を同番組のキャストでもあるカイル・ムーニーが演じるほか、ジェームスの育ての親テッド役にマーク・ハミル、カウンセラーのエミリー役にクレア・デインズがキャスティングされている。また『サタデー・ナイト・ライブ』のキャストもカメオ出演。脚本は主演のムーニーとケヴィン・コステロが手掛けた。

『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルは「この映画は、私たちに人とは違うドラム奏者に合わせて行進してもよいということを教えてくれます。伝統的なドラム奏者と変わらず、違うドラム奏者でも十分に通用するということを」とコメントしている。

今回公開されたティザービジュアルはアーティスト・D[di:]が手掛けた日本限定のオリジナルイラスト。物語の重要なキーとなるキャラクター「ブリグズビー・ベア」をD[di:]ならではのタッチで表現している。特報には、ジェームスが25年間両親だけと過ごした空間の一部や、教育番組『ブリグズビー・ベア』の模様、外の世界で出会う仲間たちとの瞬間が映し出されている。

また同作は『カンヌ国際映画祭』新人監督賞にノミネートされている。

マーク・ハミルのコメント

この映画に出演したことは、私にとっては予想以上の感動でした。
とても希望に溢れ元気づけてくれる映画です。
ありのままの自分でいられ、何かを信じることはとても良いことです。
この映画は、私たちに人とは違うドラム奏者に合わせて行進してもよいということを教えてくれます。伝統的なドラム奏者と変わらず、違うドラム奏者でも十分に通用するということを。

『ブリグズビー・ベア』ポスタービジュアル ©2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
『ブリグズビー・ベア』ポスタービジュアル ©2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
『ブリグズビー・ベア』ポスタービジュアル ©2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
『ブリグズビー・ベア』ポスタービジュアル ©2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.
『ブリグズビー・ベア』
『ブリグズビー・ベア』
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開