ニュース

宇治野宗輝の新作展『ライヴズ・イン・ジャパン』、戦後日本文化を再考

宇治野宗輝『ライヴズ・イン・ジャパン』
 2018 参考画像 ©UJINO /Courtesy of the artist and YAMAMOTO GENDAI
宇治野宗輝『ライヴズ・イン・ジャパン』 2018 参考画像 ©UJINO /Courtesy of the artist and YAMAMOTO GENDAI

宇治野宗輝の個展『ライヴズ・イン・ジャパン』が3月3日から東京・天王洲アイルの山本現代で開催される。

『六本木クロッシング2010』展や『ヨコハマトリエンナーレ2017』で大規模なインスタレーションを展開した宇治野宗輝。ブレンダ―やエレキギター、ヘアドライヤーなどの大量生産品を流用、再構成し、大量消費社会の後に訪れる大量廃棄文化へのアイロニーと、アメリカから日本に伝わってきたロックンロールやインダストリアルミュージックといった文化を考察した作品を発表し続けている。

今回展示される作品は全て新作。戦後の日本が持つ欧米文化へのストレートな憧憬が顕在化しているかのような実験的映像インスタレーション『ライヴズ・イン・ジャパン』と『電波街(Radiowave Quarter)』、木造建築用の羽目板などをパネルにした巨大な配線図のシリーズ、さらに宇治野が「日本人英語」で外来文化と共生してきた戦後日本を再考する映像作品『プライウッド・シティ・ストーリーズ 2』の3つの要素で展示が構成される。

初日の3月3日はオープニングレセプションを行なう。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトで確認しよう。

宇治野宗輝『電波街』 2018 参考画像 ©UJINO /Courtesy of the artist and YAMAMOTO GENDAI
宇治野宗輝『電波街』 2018 参考画像 ©UJINO /Courtesy of the artist and YAMAMOTO GENDAI
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Have a Nice Day!“僕らの時代”

岡崎京子原作の映画『チワワちゃん』の主題歌に抜擢された同楽曲。ファンから公募した映像も織り交ぜた、画角も画質もバラバラな「僕らの時代」の映像が、曖昧で歪な、しかし強烈に眩しい日々の記憶を思い起こさせる。(井戸沼)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業