ニュース

YouTuber《りく》の半生がドラマ化、吉村界人主演『配信ボーイ』配信

『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送

dTVのオリジナルドラマ『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』が、3月24日から7日間連続で配信される。

同作は、高校生YouTuberすしらーめん《りく》のエピソードをもとに、ごく普通の男子中学生が視聴者からの罵倒やプレッシャーに葛藤しながら人気YouTuberになるまでを描いた作品。主人公リク役に吉村界人、リクが恋する同級生のはる役に小島藤子、リクと共に動画制作を行なうソーゴ役に同作が連続ドラマ初出演となる和田颯(Da-iCE)がキャスティングされている。共演者は高田里穂、丸山智己、白川和子、袴田吉彦ら。

吉村界人は「障害は出てくるかもしれないけれど、心が揺れたら、何も考えずに形にすることが大事だと思います。そんな事を伝えたいと思いながら、意義を持ってこの作品に挑戦します」、小島藤子は「今学校や仕事で悩んだり落ち込んだりしてる方たちが、このドラマを見て少しでも元気になってくれたら嬉しいです」とそれぞれコメントを寄せている。

3月22日には完成披露試写会を実施。登壇者には吉村界人、小島藤子、和田颯、高田里穂、袴田吉彦、すしらーめん《りく》、アバンディーズらが名を連ねる。参加方法などの詳細は『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』の特設サイトで確認しよう。

吉村界人のコメント

こんなにも創作意欲に満ちた青年を演じれる事にシンパシーと敬意を感じます。
僕も、意欲が向かえば必ず挑戦しようとする性分なので。
障害は出てくるかもしれないけれど、心が揺れたら、何も考えずに形にすることが大事だと思います。
そんな事を伝えたいと思いながら、意義を持ってこの作品に挑戦します。

小島藤子のコメント

学生時代を思い出して、主人公たちのように純粋なパワーで頑張りたいと思います。
今学校や仕事で悩んだり落ち込んだりしてる方たちが、このドラマを見て少しでも元気になってくれたら嬉しいです。

和田颯(Da-iCE)のコメント

監督、キャスト、スタッフの皆さんと最高の作品をお届けできるように今の自分にできる事全てを出し切りたいと思います。
今回、こうして素敵な役をいただいたチャンスを絶対無駄にしないように精一杯やらせていただきます。頑張ります!

高田里穂のコメント

最近、毎日のようにYouTubeを見ていたところだったので、出演が決まって驚きと嬉しさでいっぱいです。
15歳の頃を思い出しながら(笑)、リクとはるの仲をかき乱す存在?になる美玲を楽しく演じていきたいと思います。

袴田吉彦のコメント

「ユーチューバー」という言葉は知っていましたが、どのような事なのか、正直分かっていませんでした。
お話を頂いてから、台本を読んだり映像をいくつか見させて頂いて、動画を一本作成するまでの苦労や、ユーチューバーの方やその家族だからこその悩みなどを知りました。
面白く楽しい動画がどのような思いで作られているのか、どう誕生していくのか。
父ちゃん役として皆様に伝えられるように頑張りたいと思います。

『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
『配信ボーイ ~ボクがYouTuberになった理由~』 ©エイベックス通信放送
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像