ニュース

今年の『プリツカー賞』はバルクリシュナ・ドーシ インド人初の受賞者

バルクリシュナ・ドーシ (photo courtesy of VSF)
バルクリシュナ・ドーシ (photo courtesy of VSF)

2018年の『プリツカー賞』の受賞者が発表された。

今年の受賞者に選出されたのは、インド出身のバルクリシュナ・ドーシ。1927年生まれで現在90歳のドーシは、ル・コルビュジエやルイス・カーンといった20世紀の建築家に影響を受け、建築家、都市計画家、教育者として東洋文化に目を向けながらインドの人々の生活を向上させるような建築を約70年間にわたって手掛けてきた。1980年に自身のスタジオSangathを設立。代表作にインド・インドールの集合住宅「Aranya Low Cost Housing」、インド経営大学院・バンガロール校、CEPT大学などがある。

『プリツカー賞』の審査員は「質が高く信頼性のある建築を通して母国や国民に貢献したいという思いや責任感から、公共機関や教育・文化機関、個人住宅など数々のプロジェクトを手掛けてきた」とドーシを評価。さらに「ドーシは建物が建設される場所の文脈を強く意識している。彼のプランは社会や環境、経済的な側面を考慮しているため、その建築はサステナビリティに正面から向き合っている」と評した。

ドーシは『プリツカー賞』の45回目の受賞者であり、インド人としては初の受賞者。授賞式は5月にカナダ・トロントのアガ・カーン博物館で開催される。なお今回の審査員には妹島和世(SANAA)も名を連ねている。

『プリツカー賞』は、「建築界のノーベル賞」とも言われる建築賞。これまでの受賞者にはフランク・ゲーリー、レンゾ・ピアノ、レム・コールハース、ヘルツォーク&ド・ムーロンノーマン・フォスター、ザハ・ハディドらが名を連ねており、日本人では丹下健三、槙文彦、安藤忠雄、妹島和世と西沢立衛、伊藤豊雄、坂茂が受賞している。

Aranya Low Cost Housing (photo courtesy of VSF)
Aranya Low Cost Housing (photo courtesy of VSF)
Aranya Low Cost Housing (photo courtesy of VSF)
Aranya Low Cost Housing (photo courtesy of VSF)
Indian Institute of Management, Bangalore (photo courtesy of VSF)
Indian Institute of Management, Bangalore (photo courtesy of VSF)
Indian Institute of Management, Bangalore (photo courtesy of VSF)
Indian Institute of Management, Bangalore (photo courtesy of VSF)
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年