ニュース

地点×赤々舎 アジア写真家の連続企画展に石川竜一、李岳凌、ベク・スンウ

石川竜一作品 ©Ryuichi Ishikawa
石川竜一作品 ©Ryuichi Ishikawa

地点と赤々舎による連続企画展『About the photographs, About us, Asia』が、3月14日から京都・アンダースローで開催される。

京都の劇団・地点と出版社の赤々舎が共同主催する同展では、東アジアを拠点に国際的に活動している写真家を紹介。第1弾は台湾出身の李岳凌、第2弾は石川竜一、第3弾は韓国出身のベク・スンウとなり、会期中には、作家の来日イベントや関連書籍コーナーを展開予定のほか、会場ではシリーズ共通チケットの販売も行なわれる。

1976年に台湾・台北で生まれた李岳凌は、2016年に『Young Art Taipei「ポートフォリオレビューグランプリ」』を受賞し、昨年に赤々舎から写真集『Raw Soul』を刊行。2015年に『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した沖縄出身の石川竜一は赤々舎から『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』『okinawan portraits 2012-2016』などを発表している。1973年に韓国・テジョンで生まれたベク・スンウは、昨年に写真家の川内倫子との共著『Composition No.1』を発表。

ベク・スンウ ©Seung Woo Back
ベク・スンウ ©Seung Woo Back
李岳凌 ©Yehlin Lee
李岳凌 ©Yehlin Lee
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施