ニュース

地点×赤々舎 アジア写真家の連続企画展に石川竜一、李岳凌、ベク・スンウ

石川竜一作品 ©Ryuichi Ishikawa
石川竜一作品 ©Ryuichi Ishikawa

地点と赤々舎による連続企画展『About the photographs, About us, Asia』が、3月14日から京都・アンダースローで開催される。

京都の劇団・地点と出版社の赤々舎が共同主催する同展では、東アジアを拠点に国際的に活動している写真家を紹介。第1弾は台湾出身の李岳凌、第2弾は石川竜一、第3弾は韓国出身のベク・スンウとなり、会期中には、作家の来日イベントや関連書籍コーナーを展開予定のほか、会場ではシリーズ共通チケットの販売も行なわれる。

1976年に台湾・台北で生まれた李岳凌は、2016年に『Young Art Taipei「ポートフォリオレビューグランプリ」』を受賞し、昨年に赤々舎から写真集『Raw Soul』を刊行。2015年に『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した沖縄出身の石川竜一は赤々舎から『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』『okinawan portraits 2012-2016』などを発表している。1973年に韓国・テジョンで生まれたベク・スンウは、昨年に写真家の川内倫子との共著『Composition No.1』を発表。

ベク・スンウ ©Seung Woo Back
ベク・スンウ ©Seung Woo Back
李岳凌 ©Yehlin Lee
李岳凌 ©Yehlin Lee
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで