ジョシュ・ブローリンらが巨大山火事に挑む、映画『オンリー・ザ・ブレイブ』

映画『オンリー・ザ・ブレイブ』が6月22日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。

2013年のアメリカ・アリゾナを舞台にした同作。森林消防団「ホットショット」の新入団員・ブレンダンが、日々の訓練の中でチームリーダーをはじめとする仲間との絆を深めていき、やがて20人の団員たちと地元で起きた巨大な山火事に立ち向かっていく様子を描く。原題は『Only the Brave』。

妻の妊娠をきっかけに、ドラッグ中毒から更生するためホットショットに入団した青年・ブレンダンを『セッション』で主演を努めたマイルズ・テラーが、男たちの父親役でもあるホットショットのチームリーダーを『アベンジャーズ』シリーズのジョシュ・ブローリン、リーダーである夫を献身的に支える妻をジェニファー・コネリーが演じている。監督は、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』でメガホンを取ることも決まっているジョセフ・コシンスキーが務める。

作品情報

『オンリー・ザ・ブレイブ』

2018年6月22日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で順次公開
監督:ジョセフ・コシンスキー 出演: ジョシュ・ブローリン マイルズ・テラー ジェフ・ブリッジス テイラー・キッチュ ジェニファー・コネリー 上映時間:134分 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジョシュ・ブローリンらが巨大山火事に挑む、映画『オンリー・ザ・ブレイブ』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて