又吉直樹作の舞台『凜』が映画化 佐野勇斗&本郷奏多がW主演

又吉直樹原作の映画『凜』の製作が発表された。

『凜』は又吉直樹が脚本を手掛け、2007年に上演された舞台作品が原作。神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台にした、青春群像サスペンスとなる。又吉は映画の原作に加え、脚本監修も務める。

主演を務めるのは佐野勇斗(M!LK)と本郷奏多。佐野は真面目で達観している現代っ子の高校生・野田耕太役、本郷は不思議な転校生・天童役を演じる。2人は初共演となり、劇中では天童の抱える闇や姿を消していく仲間たちの秘密、神隠しの謎などが描かれる。

佐野勇斗は同作への出演について「まだまだ未熟な僕ですが、事務所の先輩である本郷奏多さんをはじめとする素晴らしいキャストの皆様からたくさんのことを学ばせていただきながら、作品にいい味付けができるよう精一杯演じたいと思います」とコメント。

本郷奏多は「又吉さんの原作で読んでみたらすごくひき込まれる内容で面白い作品でした。作品に出演することができて非常に嬉しいです」と語っている。

なお同作は吉本興業がテレビ局とタッグを組んで制作する『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』TV DIRECTOR'S MOVIE部門の作品となり、TBSと共同で制作。監督はドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』『せいせいするほど、愛してる』『小さな巨人』などの演出を手掛けた池田克彦が務める。また同作は全国公開に先立って、4月19日に開幕する『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』で上映される予定だ。

佐野勇斗のコメント

今回、映画「凜」で野田耕太役を演じさせていただく事になりました佐野勇斗です。
この作品は、芥川賞作家・又吉直樹さんが原作を務められているということですごく楽しみにしていたのですが、台本を読ませていただいて、とてつもなく面白かったです!まだまだ未熟な僕ですが、事務所の先輩である本郷奏多さんをはじめとする素晴らしいキャストの皆様からたくさんのことを学ばせていただきながら、作品にいい味付けができるよう精一杯演じたいと思います。耕太が、観ていただいた方にとって一番近くに感じていただける登場人物になれるように頑張ります。
公開までお楽しみにしていてください!

本郷奏多のコメント

この度、映画「凛」で天童役を演じさせていただく事になりました本郷奏多です。
又吉さんの原作で読んでみたらすごくひき込まれる内容で面白い作品でした。
作品に出演することができて非常に嬉しいです。
天童は、謎が多くひき込まれる役かと思いますので、楽しみにしていてください。

作品情報

『凜』

2018年度に公開
監督:池田克彦 脚本:渡邉真子 原作・脚本監修:又吉直樹 出演: 佐野勇斗 本郷奏多 ほか
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 又吉直樹作の舞台『凜』が映画化 佐野勇斗&本郷奏多がW主演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて