「OFF-WHITE」ヴァージル・アブローの個展が開催中 「消費行為」を問う

ヴァージル・アブローの個展『“PAY PER VIEW”』が、4月1日まで東京・元麻布のKaikai Kiki Galleryで開催されている。

自身のブランド「OFF-WHITE」を手掛けるほか、アーティスト、ファッションデザイナー、技師、クリエイティブプロデューサーなど様々な肩書きを持つヴァージル・アブロー。昨年にはナイキとコラボレーションによるスニーカーのライン「The Ten」を発表したほか、今年2月にオープンしたイギリスのガゴシアン・ギャラリー・ロンドンでは村上隆とのコラボレーション展を開催した。また春から夏にかけて、ハンス・ウルリッヒ・オブリストとタッグを組み、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーでプレゼンテーションを行なう予定だ。

『“PAY PER VIEW”』展では、消費社会や広告、メディアがどのように人々の世界の捉え方に影響を与えるのか、という疑問を中心に構成。Kaikai Kiki Galleryのオフィシャルにはヴァージル・アブローが同展に寄せたステートメントと、村上隆からのメッセージが掲載されている。村上はアブローを「ゲームチェンジャー!ヴァージルアブロー」と評している。

イベント情報

ヴァージル・アブロー
『“PAY PER VIEW”』

2018年3月16日(金)~4月1日(日) 会場:東京都 元麻布 Kaikai Kiki Gallery 時間:11:00~19:00 休廊日:日、月曜、祝日(4月1日は開廊) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 「OFF-WHITE」ヴァージル・アブローの個展が開催中 「消費行為」を問う

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて