ニュース

「歌舞伎と文楽」の魅力を多角的に紐解く展覧会 写楽の錦絵も限定展示

展覧会『早稲田大学演劇博物館開館90周年記念 2018年度春季企画展 ニッポンのエンターテインメント 歌舞伎と文楽のエンパク玉手箱』が3月23日から東京・早稲田大学演劇博物館で開催される。

同展では、17世紀から近代に至るまで、日本の観劇文化として根づき、文学や美術、音楽、演芸、映画にも大きな影響を与え、庶民文化の基盤を形成した歌舞伎と文楽を3つの会期にわけて紹介。「作る」「演じる」「見る」といった視点から、同博物館が収蔵する台本、浮世絵、衣装、人形など数多くのコレクションを視覚的・立体的に展示する。

場内2階の企画展示室Iでは、「歌舞伎の玉手箱 ――江戸から当世までの歌舞伎事情」と題して、歌舞伎の世界を「作る側」「演じる側」「見る側」などの視点から捉え、その魅力を解説。さらに東洲斎写楽の錦絵『松貞婦女楠』を3月23日の初日から1週間のみ展示する。

企画展示IIでは、「浄瑠璃劇場 ――語る 奏でる あやつる」と銘打って人形浄瑠璃文楽を紹介。舞台のからくりを実際に再現することで独特な仕組みを紐解き、文楽人形の「かしら」も披露される。

特別展示室では「きらびやかな歌舞伎舞踊の世界 ――艶やかな音と華麗なる装い」と題して、歌舞伎の劇中や独立した演目として演じられる歌舞伎舞踊を特集。名取春仙の『道成寺』や平櫛田中の『鏡獅子』といった錦絵や彫刻、また俳優たちが実際に使った衣装や小道具などを通して、歌舞伎舞踊の作品を紹介する。

『早稲田大学演劇博物館開館90周年記念 2018年度春季企画展 ニッポンのエンターテインメント 歌舞伎と文楽のエンパク玉手箱』メインビジュアル
『早稲田大学演劇博物館開館90周年記念 2018年度春季企画展 ニッポンのエンターテインメント 歌舞伎と文楽のエンパク玉手箱』メインビジュアル
名取春仙画『道成寺』 白拍子花子 六代目中村歌右衛門
<第2期展示>
名取春仙画『道成寺』 白拍子花子 六代目中村歌右衛門 <第2期展示>
平櫛田中作 六代目尾上菊五郎『鏡獅子』裸像
平櫛田中作 六代目尾上菊五郎『鏡獅子』裸像
文楽人形かしら
文楽人形かしら
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー