ニュース

尾上右近が現代翻訳劇に挑む ピュリツァー賞作が7月日本初演、演出はG2

『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』ビジュアル
『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』ビジュアル

舞台『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル ~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』が7月6日から東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演される。

同作は、ブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』で脚本を担当したキアラ・アレグリア・ヒュディスの作品をG2の翻訳と演出で上演するもの。ドラッグ中毒者の集まるウェブサイトを運営するオデッサの息子エリオットを主人公に、様々な問題を抱える人々がウェブサイトを通じて心を通わせ、それぞれの人生を取り戻していく様子や、エリオットの育ての母で伯母のジニーの死をきっかけに、オンラインとオフラインの人間関係が変化していく様を描く。2012年の『ピュリツァー賞』戯曲部門賞を受賞している。

日本初演となる今回は、管理人の息子でイラク戦争に参加してトラウマを抱える青年・エリオット役を尾上右近が演じる。また南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、陰山泰、村川絵梨が出演するほか、エリオットの母親で自身も元ドラッグ中毒であるウェブサイトの管理人・オデッサ役を篠井英介が務める。

G2は「演劇のほんとうの面白さって何だろう? と自問することが多くなった昨今、出会ったのがこの戯曲です」とコメント。チケットは4月21日から一般発売される。

G2のコメント

演劇のほんとうの面白さって何だろう? と自問することが多くなった昨今、出会ったのがこの戯曲です。Web 空間と演劇のミスマッチなマッチング。文字通りワールドワイドに繋がってゆく人々。(日本も登場します!)それぞれに問題を抱え、喘ぎ、苦しみながらも、誰かと繋がろうとする。そんな登場人物たちが織りなす新感覚の劇空間を、右近さんを始め、熱量の高いキャストたちと創り上げる喜び。それはきっと最高の興奮をもたらすはず。です。

上段左から尾上右近、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、下段左から村川絵梨、陰山泰
上段左から尾上右近、篠井英介、南沢奈央、葛山信吾、鈴木壮麻、下段左から村川絵梨、陰山泰
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年