新スペース「シネマハウス大塚」4月開館 オープン記念で大島渚特集上映

新たなスペース「シネマハウス大塚」が、4月7日にグランドオープンする。

東京・大塚に位置する「シネマハウス大塚」は、特集上映、ギャラリー展示、講演会、朗読会、シンポジウムなどを行なう、地域コミュニティーのための多目的ホールとして運営。代表は堀越一哉、スーパーバイザーを森達也監督『FAKE』、スティーブン・ノムラ・シブル監督『Ryuichi Sakamoto: CODA』などのプロデューサー・橋本佳子が務める。1960年代に同じ高校で過ごした仲間たちが再集結して運営に携わるという。

オープン記念の特集上映として4月7日から『1968年とニッポン 監督特集 大島渚』を開催。大島渚の監督作『絞死刑』『東京战争戦後秘』『夏の妹』を上映するほか、トークゲストとして大島新、樋口尚文、森達也、三上智恵、崔洋一、西原孝至が登壇する。スケジュールなどの詳細は会場のオフィシャルサイトでチェックしよう。

イベント情報

シネマハウス大塚特選企画 vol.01
『1968年とニッポン 監督特集 大島渚』

2018年4月7日(土)、4月8日(日)、4月13日(金)~4月15日(日) 会場:東京都 大塚 シネマハウス大塚
上映作品: 『絞死刑』(監督:大島渚) 『東京战争戦後秘』(監督:大島渚) 『夏の妹』(監督:大島渚) 料金:通常回1,000円 トーク付回1,300円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 新スペース「シネマハウス大塚」4月開館 オープン記念で大島渚特集上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて