水曜日のカンパネラの新EP『ガラパゴス』6月発売 新アー写&ジャケ公開

水曜日のカンパネラのEP『ガラパゴス』が、6月27日にリリースされる。

水曜日のカンパネラにとって、昨年2月発表のアルバム『SUPERMAN』以来約1年4か月ぶりのCDリリースとなる同作。収録曲は、『第84回日本ダービー』のタイアップ曲で2017年に配信リリースされた“メロス”をはじめ、NHK Eテレ『J-MELO』のエンディングテーマに起用された“ピカソ”、現在CMがオンエア中の「Beats by Dr. Dre」のキャンペーンソング“見ざる聞かざる言わざる”、6月23日公開の映画『猫は抱くもの』の劇中歌“キイロのうた”、フランスのアーティストMoodoïdとのコラボレーション曲“マトリョーシカ”、オオルタイチのプロデュース曲“愛しいものたちへ”など全8曲。CDとアナログ盤でのリリースとなる。

あわせて同作のジャケットビジュアルと、新たなアーティスト写真が公開。写真撮影は『装苑』でコムアイを撮影したこともあるtoki、アートデザインは河野未彩が担当した。

なお『ガラパゴス』は本日3月23日からiTunes Storeでプレオーダーがスタート。“見ざる聞かざる言わざる”はiTunes StoreやApple Musicなどの配信サービスで先行リリースがスタートしている。

また6月30日と7月1日にライブ『水曜日のカンパネラ・円形劇場公演』が山梨・河口湖ステラシアターで開催されることも発表。オフィシャル先行予約は本日3月23日12:00から4月8日まで実施されている。

水曜日のカンパネラ『ガラパゴス』収録内容

1. かぐや姫
2. 南方熊楠
3. ピカソ
4. メロス
5. マトリョーシカ
6. 見ざる聞かざる言わざる
7. 愛しいものたちへ
8. キイロのうた

リリース情報
リリース情報
イベント情報

『水曜日のカンパネラ・円形劇場公演』

2018年6月30日(土)、7月1日(日) 会場:山梨県 河口湖ステラシアター 野外音楽堂 料金:前売 一般5,500円 高校生・大学生3,900円 中学生・子供2,500円 ※2歳以下は無料、要保護者同伴
  • HOME
  • Music
  • 水曜日のカンパネラの新EP『ガラパゴス』6月発売 新アー写&ジャケ公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて