ニュース

『ユリイカ』押切蓮介特集 やくしまるとの対談や浅野いにおのイラストも

押切蓮介の特集記事が本日3月27日刊行の『ユリイカ2018年4月号』に掲載される。

『サユリ』『ミスミソウ』といったホラーや、怪奇ギャグ『でろでろ』、ラブコメ『ハイスコアガール』など様々な作風の作品を発表している漫画家の押切蓮介。4月7日には実写映画『ミスミソウ』が公開される。

特集では、単行本未収録短篇『貉』『命の灯火』をはじめ、さやわかが聞き手を務めたインタビュー「疾走する! “怒り”のエンターテインメント」、皆川亮二、浅野いにお、小田扉、横槍メンゴ、新田章によるオマージュイラスト、押切と押見修造の対談「一五年目の『押』問答」、押切とやくしまるえつこの対談「ハイスコアに恋して」などを収録。対談中に押切が描いたやくしまるえつこの似顔絵も収められる。

また『ミスミソウ』で主人公を演じる山田杏奈による「春花の眼」や、藤田和日郎による「欲しがらせる天才」、マフィア梶田による「怒れる漫画家・押切蓮介」といった記事に加えて、「押切蓮介全単行本解題」なども掲載。その他の執筆陣には、清野とおる、忌木一郎、宮本直毅、可児洋介、清水崇、内藤瑛亮、山田杏奈、島村マサリ、さやわか、紙屋高雪、上島真弓子、水無田気流、雑賀忠宏らが名を連ねる。

『ユリイカ2018年4月号 特集=押切蓮介』表紙
『ユリイカ2018年4月号 特集=押切蓮介』表紙
やくしまるえつこ似顔絵 by 押切蓮介
やくしまるえつこ似顔絵 by 押切蓮介
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ