ニュース

『ミスiD2019』本エントリー開始、審査員に家入一真、SKY-HI、大森靖子ら

『ミスiD2019』の本エントリーが4月2日からスタートする。

講談社主催のオーディション『ミスiD』は、ジャンルや枠組みに捉われず、新しい価値観やスタイルを持った「女の子」を発掘し、多様性と個性を応援するプロジェクト。「iD」は「アイドル」「アイデンティティ」「IとDiversity」を意味する。7年目の開催となる今回のキャッチコピーは「きみがいる景色が この世界」。

第1弾選考委員は、家入一真(CAMPFIRE)、大郷剛、大森靖子、菅野結以、岸田メル、小林司、佐久間宣行(テレビ東京)、SKY-HI、中郡暖菜、東佳苗(縷縷夢兎)、山戸結希、吉田豪。第2弾は後日発表される。

応募資格は1980年4月2日から2007年4月1日生まれ「くらい」の女性で、国籍、プロアマ、未婚既婚、恋人の有無は不問。6月下旬から7月上旬に書類審査の通過者を対象にカメラ、動画テストを行ない、10月上旬に選考委員との面接、11月中旬にファイナリスト出演のお披露目イベントを実施する。締切は5月13日。また今回から他薦エントリーが導入され、他薦の対象はTwitter、Instagramのアカウントを持っていることが条件となる。詳細は『ミスiD2019』のオフィシャルサイトで確認しよう。

あわせて初公開となる最終面接風景を収めた『ミスiD2019』のティザー動画が公開。監督は『少女邂逅』の枝優花が務め、音楽には『ミスiD2018』山戸結希賞を受賞したあみこによるRadioheadの“Creep”のピアノカバーが起用されている。

 

『ミスiD2019』ビジュアル
『ミスiD2019』ビジュアル
『ミスiD2019』ロゴ
『ミスiD2019』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く