大杉漣のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』4月開催 一般献花台も設置

俳優・大杉漣のお別れ会『お別れの会・さらば!ゴンタクレ』が、4月14日に東京・東京都青山葬儀所で開催される。

2月21日に急性心不全により66歳で逝去した大杉漣。お別れ会にはファンブース、一般献花台も用意され、一般のファンも訪れることができる。時間は13:00から15:00まで。詳細は大杉の所属事務所・株式会社ザッコのオフィシャルサイトで確認しよう。

大杉漣は1951年生まれ、徳島出身。1973年に別役実作『門』で舞台デビューを果たし、その後はピンク映画や日活ロマンポルノ、Vシネマなどに出演していたが、北野武監督『ソナチネ』での演技で注目された。その後は『キッズ・リターン』『HANA-BI』『BROTHER』『Dolls』『アウトレイジ 最終章』といった北野作品やSABU監督作、黒沢清監督作などに出演した。ドラマにも数多く出演し、名脇役として活躍した。テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ』にもメインキャストとして出演していた。

テレビ東京のオフィシャルサイトではキャストからのお悔やみのコメントが掲載中。「バイプレイヤーズ一同 遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研」として、「余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。『バイプレイヤーズ』という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。 しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。漣さん、ありがとうございました」と綴られている。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大杉漣のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』4月開催 一般献花台も設置

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて