ニュース

中止となっていた『ふともも写真の世界展』が原宿で開催、性的だと批判も

『ふともも写真の世界展 2018 in 原宿』展示作品
『ふともも写真の世界展 2018 in 原宿』展示作品

写真展『ふともも写真の世界展 2018 in 原宿』が、4月27日から東京・原宿のChromatic Galleryで開催されることがわかった。

同展では、2011年頃から女性のふとももの写真を撮り続けているゆりあによる作品を展示。原宿で撮影された新作を含む500点以上の作品に加えて、写真に囲まれる定員1名の「集中鑑賞スペース」や、大型のフォトスポットも用意される。展示作品は購入可能とのこと。また会期中には「ナンバーワンふともも」を決める企画『ふともも総選挙』も実施するという。

なお同展は3月に東京・池袋マルイ7階催事スペースで開催を予定していたが、会場施設の都合により中止になる旨が発表されていた。展示内容については商業施設で実施するには性的過ぎるのではないか、展示作品については女性の身体を性的な視点から作品化しているのではないか、被写体が未成年を思わせるといった批判が起こっていた。仕切り直しとなる今回は、より内容を充実させて開催するという。さらなる議論を生みそうだ。

『ふともも写真の世界展 2018 in 原宿』キービジュアル
『ふともも写真の世界展 2018 in 原宿』キービジュアル
『ふともも写真の世界展 2018 in 原宿』展示作品
『ふともも写真の世界展 2018 in 原宿』展示作品
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー