ニュース

女子レスリング描くインド映画『ダンガル』 水道橋博士、吉田沙保里も応援

『ダンガル きっと、つよくなる』 ©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
『ダンガル きっと、つよくなる』 ©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

映画『Dangal』が『ダンガル きっと、つよくなる』の邦題で4月6日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。水道橋博士の登壇イベントが実施された。

同作は、実在するインドのレスリング選手ギータ・バビータ姉妹の実話を映画化したもの。レスリング選手の道を挫折したマハヴィル・シンが自身の長女と次女に才能を見出し、彼女たちの抵抗にあいながらも特訓の日々を送り、やがて大舞台に立つというあらすじだ。

監督と脚本を手掛けたのは、デビュー作『Chillar Party』で『インド国際映画祭』最優秀児童映画賞および脚本賞を受賞したニテーシュ・ティワーリー。マハヴィル役を『きっと、うまくいく』『PK』などに出演したアーミル・カーンが演じる。なお、『ダンガル きっと、つよくなる』は中国での興行収入が200億円を突破し、英語を除く外国語映画の興行収入1位を記録した。

映画の予告編では、指導のために髪を短く切られたギータとバビータが落ち込む姿、2人が「インドの娘はただ子供を産むだけの道具、でもあなた達は違う」と諭される場面、ギータが2012年のロンドンオリンピックに出場するシーンなどが映し出されている。また、松岡修三の応援コメント付きの予告編とバビータ本人および吉田沙保里選手のコメント付き予告編も公開されている。

オフィシャルサイトでは著名人のコメントが掲載中。吉田沙保里が「父を思い泣きました。最高!!」、伊調馨が「どれだけ非難されても信念を貫く姿に父の愛を感じた」、日本レスリング協会強化本部長の栄和人が「泣いた。一人の人間を育てる、その難しさと喜びを、指導者として、娘の父として痛感した」とそれぞれ感想を寄せているほか、小島秀夫、アントニオ猪木、藤波辰爾、アジャコング、関根勤、花くまゆうさく、犬山紙子、赤ペン瀧川、宇野惟正らもコメントしている。

4月3日には同作の応援上映プレイベントに水道橋博士が登壇。所属事務所であるオフィス北野の独立問題に絡めて、「映画『ダンガル』どうぞよろしくお願いいたします!たけし軍団もこの映画同様どうぞよろしく!頭も腰も低いたけし軍団でございます!」と語ったほか、「女子レスリングは日本が世界で最も強い競技ですが、競技としてルールがどこまで浸透しているのか。そこまで強ければ毎週やっていて不思議じゃない。観賞用スポーツと競技用スポーツは違うだろうということで、女子レスリングは決してスペクテータースポーツではないだろうと思ってみていたのですが、こんなに面白い映画が撮れるのか!とちょっと驚きました。しかも実話」と、同作の魅力を語った。さらに「この映画は栄監督と伊調選手がコメントを出しているので、上映禁止になるのでは?とホントに思いました」などと語った。

 

『ダンガル きっと、つよくなる』 ©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
『ダンガル きっと、つよくなる』 ©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
『ダンガル きっと、つよくなる』 ©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
『ダンガル きっと、つよくなる』 ©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
『ダンガル きっと、つよくなる』応援上映プレイベントに登壇した水道橋博士
『ダンガル きっと、つよくなる』応援上映プレイベントに登壇した水道橋博士
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場