草間彌生『さあ、今、我が人生の最大の出発にきた』展 初期作や初公開作も

草間彌生の個展『さあ、今、我が人生の最大の出発にきた』が、8月31日まで東京・牛込柳町の草間彌生美術館で開催されている。

昨年開館した草間彌生美術館の第2回展となる同展では、草間の創作活動の出発点となる1950年代に故郷の長野・松本などで描いたドローイング、水彩作品計40点を前期と後期に分けて紹介。さらに、2009年に着手され、現時点で550点を超えるアクリル絵画シリーズ『わが永遠の魂』から草間が選出した初公開作品を含む16点や、最新のミラールーム『無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく』なども展示される。

5月12日には同館館長・建畠晢による講演会が行なわれるほか、会期中にはギャラリートーク、ワークショップ『こども向けワークショップ「だれかの顔をかいてみよう!」』を実施。

なお同館への入場は日時指定の各回定員入れ替え制。日本時間の毎月1日10:00から美術館のオフィシャルサイトで翌々月分のチケットを販売する。開館日は木、金、土、日曜および祝日。詳細は草間彌生美術館のオフィシャルサイト(https://yayoikusamamuseum.jp)で確認しよう。

草間彌生のコメント

『さあ、今、我が人生の最大の出発にきた』

人類最高の愛をもって
我が進路を語ろう
生と死の対決をもって
わたしは明日も闘ってゆく
さあ、今、我が人生の最大の出発にきた

『無限の彼方へかぼちゃは愛を叫んでゆく』

私の最愛のかぼちゃ。
世の中の様々な植物の中で私の最愛のかぼちゃ。
私はかぼちゃを見る時に、かぼちゃは私の全てであるという喜びと、畏敬の念を拭い去ることは出来ませんでした。
そのようなかぼちゃから生まれ出た威厳と、永久に尽きることなき人間たちへの愛の姿を私はこの鏡の部屋に閉じ込めました。
この広大なかぼちゃ畑を見てこれからの人間の生き様を是非見つけてください。
そして、みなさん自身の人生の生き様を見出してください。

イベント情報

『さあ、今、我が人生の最大の出発にきた』

2018年4月1日(日)~8月31日(金) 前期:2018年4月1日(日)~6月17日(日) 後期:2018年6月21日(木)~8月31日(金) 会場:東京都 牛込柳町 草間彌生美術館
時間:11:00~17:00 休館日:月~水曜(祝日は開館) 料金:前売 一般1,000円 小中高生600円 ※日時指定・各回定員入れ替え制、当日券なし
  • HOME
  • Art,Design
  • 草間彌生『さあ、今、我が人生の最大の出発にきた』展 初期作や初公開作も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて