ニュース

『パシリム』新作×『アニゴジ』 怪獣映画コラボビジュアル公開

映画『パシフィック・リム:アップライジング』と劇場アニメ『GODZILLA 決戦機動増殖都市』のコラボレーションビジュアルが公開された。

コラボレーションビジュアルには、『GODZILLA 決戦機動増殖都市』からゴジラ・アース、『パシフィック・リム:アップライジング』から巨大ロボット「イェーガー」のジプシー・アベンジャー、セイバー・アテナ、ブレーサー・フェニックス、ガーディアン・ブラーボが登場。イラストはアニメ『マクロス ゼロ』『マクロスF』『マクロスΔ』『創聖のアクエリオン』などのメカニックアートなどで知られる天神英貴が描いたもの。

天神はイラストについて「これは責任重大。何せゴジラと巨大ロボといえば、今となっては日本の伝統芸の様なもので、それを描く以上には大変に目の肥えた我が国の先輩方の厳しい目に晒されるからである」とコメント。『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の静野孔文監督と瀬下寛之監督もそれぞれコメントを寄せている。

4月13日から全国公開される『パシフィック・リム:アップライジング』は、2013年に公開されたギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』の続編。前作で描かれた人類と「KAIJU」の死闘から10年後の世界を舞台に、進化したKAIJUと新世代のイェーガーに乗り込むパイロットたちが戦いを繰り広げる。監督はスティーヴン・S・デナイト。デル・トロは製作を手掛けている。

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日から公開。昨年公開された『GODZILLA 怪獣惑星』の続編で、3部作の2作目となる。

天神英貴のコメント

これは責任重大。
何せゴジラと巨大ロボといえば、今となっては日本の伝統芸の様なもので、それを描く以上には大変に目の肥えた我が国の先輩方の厳しい目に晒されるからである。苦悩の本質は外見的な姿を描く以上に、その歴史ともいうべき精神世界をいかに一枚の限られたスペースに存在させられるか、そしてエネルギーに満ちた絵になるかということなのだが、、さて、そんなわけで、人生でこんなに楽しいイラストの挑戦はそうそうあるものじゃないのです。

静野孔文監督のコメント

アニメゴジラもパシリムも「怪獣映画」の側面もありながら、それに対峙する「人間ドラマ」が魅力的に描かれている作品だと思います。そんな作品同士が海を越えてコレボレーション、いつかスクリーンで本当に見てみたいですね。

瀬下寛之監督のコメント

魂ネイション2017の会場でスティーヴン・S・デナイト監督に会った際に彼から感じた感覚・・・
それは、「好きだゴジラ!好きだ怪獣!好きだ巨大ロボット!」です。そんなデナイト監督作品とコラボできて最高です!

『パシフィック・リム:アップライジング』『GODZILLA 決戦機動増殖都市』コラボビジュアル ©Legendary Pictures/Universal Pictures. ©2018 TOHO CO., LTD.
『パシフィック・リム:アップライジング』『GODZILLA 決戦機動増殖都市』コラボビジュアル ©Legendary Pictures/Universal Pictures. ©2018 TOHO CO., LTD.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで