『パシリム』新作×『アニゴジ』 怪獣映画コラボビジュアル公開

映画『パシフィック・リム:アップライジング』と劇場アニメ『GODZILLA 決戦機動増殖都市』のコラボレーションビジュアルが公開された。

コラボレーションビジュアルには、『GODZILLA 決戦機動増殖都市』からゴジラ・アース、『パシフィック・リム:アップライジング』から巨大ロボット「イェーガー」のジプシー・アベンジャー、セイバー・アテナ、ブレーサー・フェニックス、ガーディアン・ブラーボが登場。イラストはアニメ『マクロス ゼロ』『マクロスF』『マクロスΔ』『創聖のアクエリオン』などのメカニックアートなどで知られる天神英貴が描いたもの。

天神はイラストについて「これは責任重大。何せゴジラと巨大ロボといえば、今となっては日本の伝統芸の様なもので、それを描く以上には大変に目の肥えた我が国の先輩方の厳しい目に晒されるからである」とコメント。『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の静野孔文監督と瀬下寛之監督もそれぞれコメントを寄せている。

4月13日から全国公開される『パシフィック・リム:アップライジング』は、2013年に公開されたギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』の続編。前作で描かれた人類と「KAIJU」の死闘から10年後の世界を舞台に、進化したKAIJUと新世代のイェーガーに乗り込むパイロットたちが戦いを繰り広げる。監督はスティーヴン・S・デナイト。デル・トロは製作を手掛けている。

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日から公開。昨年公開された『GODZILLA 怪獣惑星』の続編で、3部作の2作目となる。

天神英貴のコメント

これは責任重大。
何せゴジラと巨大ロボといえば、今となっては日本の伝統芸の様なもので、それを描く以上には大変に目の肥えた我が国の先輩方の厳しい目に晒されるからである。苦悩の本質は外見的な姿を描く以上に、その歴史ともいうべき精神世界をいかに一枚の限られたスペースに存在させられるか、そしてエネルギーに満ちた絵になるかということなのだが、、さて、そんなわけで、人生でこんなに楽しいイラストの挑戦はそうそうあるものじゃないのです。

静野孔文監督のコメント

アニメゴジラもパシリムも「怪獣映画」の側面もありながら、それに対峙する「人間ドラマ」が魅力的に描かれている作品だと思います。そんな作品同士が海を越えてコレボレーション、いつかスクリーンで本当に見てみたいですね。

瀬下寛之監督のコメント

魂ネイション2017の会場でスティーヴン・S・デナイト監督に会った際に彼から感じた感覚・・・
それは、「好きだゴジラ!好きだ怪獣!好きだ巨大ロボット!」です。そんなデナイト監督作品とコラボできて最高です!

作品情報

『パシフィック・リム:アップライジング』

2018年4月13日(金)から全国公開
監督:スティーヴン・S・デナイト 脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー 出演: ジョン・ボイエガ スコット・イーストウッド ジン・ティエン ケイリー・スピーニー 菊地凛子 新田真剣佑 バーン・ゴーマン アドリア・アルホナ チャーリー・デイ 配給:東宝東和
作品情報

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』

2018年5月18日(金)から全国公開
監督:静野孔文、瀬下寛之 ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス) アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ 配給:東宝映像事業部 声の出演: 宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 諏訪部順一 三宅健太 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘他 配給:東宝映像事業局
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『パシリム』新作×『アニゴジ』 怪獣映画コラボビジュアル公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて