木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二

木皿泉の著書『さざなみのよる』が本日4月18日に刊行された。

ドラマ『すいか』『野ブタ。をプロデュース』『Q10』などで知られる脚本家・木皿泉。2014年に発表した初の小説『昨夜のカレー、明日のパン』は同年の『本屋大賞』第2位を記録し、『山本周五郎賞』にもノミネート。また、仲里依紗主演で連続ドラマ化された。

約5年ぶりの新作小説本となる『さざなみのよる』は、43歳で亡くなった「小国ナスミ」と、その家族や友人たちが織りなす物語を描いている。装画は荒井良二が手掛けた。なお同作の特設サイトでは、200人以上の書店・出版関係者から寄せられたコメントを全文掲載している。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて