是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」

是枝裕和監督の映画『万引き家族』の予告編が公開された。

予告編ではリリー・フランキー演じる治が、息子の祥太に合図をして万引きさせるシーンや、外で震えている少女を連れて帰ってきた治を見て松岡茉優演じる亜紀が「誘拐だよ、あれ」と話す場面、家族が海ではしゃぐ様子に加え、山田裕貴演じる男性がマスコミに取り囲まれている姿、「子どもに万引きさせるの後ろめたくなかったですか?」という問いに治が「他に教えられることがなんにもないんです」と話すシーン、安藤サクラ演じる治の妻・信代が「拾ったんです。捨てた人は他にいるんじゃないですか?」と話す様子などが確認できる。

6月8日から公開される『万引き家族』は、東京の下町を舞台に「万引き」で生計を立てる一家を描く物語。ある日、団地の廊下で震えていたじゅりを治が家に連れて帰り、娘として育てることを決意するが、ある事件をきっかけに家族が引き裂かれ、それぞれが抱えていた秘密や願いが明らかになっていく、というあらすじだ。劇伴音楽は細野晴臣が担当。同作は5月8日に開幕する『第71回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門への正式出品が決定している。

作品情報

『万引き家族』

2018年6月8日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督・脚本:是枝裕和 音楽:細野晴臣 出演: リリー・フランキー 安藤サクラ 松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ 緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 柄本明 高良健吾 池脇千鶴 樹木希林 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて