ニュース

音が聴こえない妊婦を狂気の女が追い詰める 映画『インサイド』7月公開

映画『インサイド』が7月13日から東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国で公開される。

同作は、交通事故で夫を亡くし、補聴器なしでは音が聞こえない障がいが残った妊婦のサラが主人公。お腹の子供を心の支えに1人で暮らすサラの家に突然見知らぬ女が侵入して彼女を殺そうと追い詰め、サラの補聴器が壊れて音が聞こえなくなる中、陣痛が始まってしまう、というあらすじだ。原題は『Inside』。

女から逃げながらも陣痛に見舞われるサラ役を、『P2』などのレイチェル・ニコルズが演じる。また執拗にサラを殺そうとする見知らぬ女を演じるのは、デヴィッド・リンチ監督『マルホランド・ドライブ』に出演したローラ・ハリング。監督は『スペイン一家監禁事件』のミゲル・アンヘル・ビバス、脚本は『REC/レック』シリーズのジャウマ・バラゲロが担当した。

公開されたポスタービジュアルでは、お腹を抱えたサラと、背後で包丁を手に立ち尽くす女の姿が写し出されている。あわせて公開された予告編では、夫婦が車の衝突事故にあうシーンや雨の中、裸足の女が現れ、ドアに包丁を突き立てる場面、お腹にハサミの刃が迫る様子、女に追い詰められるサラの姿などが確認できる。補聴器が壊れてサラの耳が聞こえなくなってしまう映像の後半からは、セリフや効果音がなくなり、耳鳴りと心音だけで構成されている。

『インサイド』 © 2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCIÓN AIE / GRAND PIANO LLC
『インサイド』 © 2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCIÓN AIE / GRAND PIANO LLC
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら