ニュース

又吉直樹原作、映画『凜』に須賀健太、石田ひかり、片桐仁、平祐奈ら

今年度に公開予定の映画『凜』の追加キャストが発表された。

『凜』は又吉直樹が脚本を手掛け、2007年に上演された舞台作品が原作。神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台にした、青春群像サスペンスとなる。又吉は映画の原作に加え、脚本監修も務める。真面目で達観している現代っ子の高校生・野田耕太役の佐野勇斗(M!LK)と、不思議な転校生・天童役の本郷奏多のダブル主演となる。

今回出演が発表されたのは、耕太、天童らと青春群像を繰り広げる男子高生役の須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、耕太の母役の石田ひかり、耕太が憧れる保健の先生役の山口紗弥加に加えて、大沢ひかる、平祐奈、椿鬼奴、須田邦裕、金田哲(はんにゃ)、好井まさお(井下好井)、片桐仁(ラーメンズ)、堀部圭亮、勝村政信。またハルカミライの“ヨーロービル、朝”が主題歌、“俺達を待っている”が挿入歌に起用されることがわかった。ハルカミライが映画の主題歌、挿入歌を担当するのは今回が初。

須賀は「映画『凛』で“大仏”こと石倉優太を演じさせていただきます、須賀健太です。今回お話をいただき台本を読ませていただいた所、非常に台本が面白く『ここから自分たちが肉付けしていくのかぁ』とワクワクしたと同時に身が引き締まったのを覚えています」、石田は「又吉さんの作品に出演が叶い、とても嬉しく思っています。男の子たちの青春友情物語に、わたしもその頃、なんでもないことでいつまでも笑ったりしていたな、と懐かしく思い出しました」とそれぞれコメント。

また金田は「11年前、舞台で『凜』をやった時に、竜二役をやらせていただきました。時を経て、この素敵な作品『凜』が映画化されることに感激しています!今回、刑事役ということで、役作りのために20回腹筋と背筋をしました。その辺に注目してください!」、ハルカミライは「台本を読んで俺達の歌と完全に辻褄が合ったと思いました。『凜』という名称をした冷静かつ情熱の作品に、ロックバンドの興奮と情熱を贈ります!又吉さん始め関係者各位、ありがとうございます」と述べている。

4月22日には沖縄・那覇で本日4月19日から開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』でワールドプレミアを実施。上映後には石田ひかり、椿鬼奴、池田克彦監督が登壇する舞台挨拶が行なわれる。

須賀健太のコメント

映画『凛』で“大仏”こと石倉優太を演じさせていただきます、須賀健太です。今回お話をいただき台本を読ませていただいた所、非常に台本が面白く「ここから自分たちが肉付けしていくのかぁ」とワクワクしたと同時に身が引き締まったのを覚えています。又吉さんが描く登場人物達は個性的で愛らしい人物ばかりですが、その中でも演じさせていただいた大仏は、一際個性的だと思います。“笑顔が大仏みたい”だからあだ名が大仏。まぁ他にも諸説あるのですが…笑。自称チャームポイント、笑顔の須賀健太、全力でニコニコさせていただきました!お楽しみに!

石田ひかりのコメント

又吉さんの作品に出演が叶い、とても嬉しく思っています。男の子たちの青春友情物語に、わたしもその頃、なんでもないことでいつまでも笑ったりしていたな、と懐かしく思い出しました。池田監督とは以前ドラマでお世話になりましたし、佐野勇斗くんとも2回目の共演で嬉しい再会でした。たくさんの方に観ていただけるよう、スタッフ・キャスト力を合わせて頑張りたいと思います!どうぞお楽しみにしていてください!

金田哲(はんにゃ)のコメント

11年前、舞台で『凜』をやった時に、竜二役をやらせていただきました。時を経て、この素敵な作品『凜』が映画化されることに感激しています!今回、刑事役ということで、役作りのために20回腹筋と背筋をしました。その辺に注目してください!

ハルカミライのコメント

こんにちは。ハルカミライというロックバンドで歌を歌っています。ハシモトマナブと言います。台本を読んで俺達の歌と完全に辻褄が合ったと思いました。『凜』という名称をした冷静かつ情熱の作品に、ロックバンドの興奮と情熱を贈ります!又吉さん始め関係者各位、ありがとうございます。

『凜』ポスタービジュアル
『凜』ポスタービジュアル
ハルカミライ
ハルカミライ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信