ニュース

BiSからももらんどが脱退、「自分の意思で決めました」

BiS(中列右がももらんど)
BiS(中列右がももらんど)

BiSからメンバーのももらんどが脱退したことが発表された。

BiSのオフィシャルサイトでは「ももらんどにつきまして」と題した記事を掲載。「かねてよりももらんどからは相談を受けておりましたが一昨日の件より改めて話し合いを重ねた結果、精神的にも肉体的にも疲労が重なっており、BiSの活動を続けていくことが困難だと判断いたしましたので、本日をもって、BiSを脱退するはこびとなりました」と綴られている。今後は5人体制で活動する。6月のツアーからは新メンバーを加えて、BiS1stとBiS2ndの2部体制で活動することが予告されており、ももらんどはBiS1stのメンバーに名を連ねていた。

ももらんどは昨年4月に『WACK合同オーディション』を経てBiSに加入。今年4月18日に開催されたイベント『SET YOU FREE』の当日に「今日は行けない」とももらんどから連絡があり、メンバーの集合時間に現れなかったことがオフィシャルサイトで発表され、ファンの間ではももらんどの今後の活動や身の安全について心配する声が上がっていた。

ももらんどは自身のTwitterで、以下のようにツイート。「沢山心配や迷惑を掛けてしまって申し訳ございません。自分自身が自分を追い込んでしまってライブにも出れない状態になってしまい、メンバーやスタッフさん色んな方が支えてくれたけど自分の意思で決めました。色んなことを教えてくださり、応援して下さりありがとうございました」。

BiSは2014年に解散後、2016年から再始動。オリジナルメンバーであるプー・ルイを含むメンバーで活動していたが、今年3月に東京・両国国技館公演をもってプー・ルイが脱退。現メンバーはペリ・ウブ、キカ・フロント・フロンタール、アヤ・エイトプリンス、ゴ・ジーラ、パン・ルナリーフィ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信