ニュース

Aviciiの急死をUMJが正式発表、「全ての音楽と与えてくれた感動に感謝」

Avicii
Avicii

Aviciiの訃報が、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンのオフィシャルサイトによって正式に伝えられた。

Aviciiの作品を日本でリリースしていたユニバーサル・ミュージック・ジャパン。オフィシャルサイトでは、「当社所属アーティストAviciiの報道に関して」と題した記事を掲載。「当社所属アーティスト Aviciiが28歳の若さでこの世を去りました。Aviciiが作り出してきた全ての音楽と与えてくれた感動に感謝し、心からのご冥福をお祈り申し上げます」と綴られている。

Aviciiは現地時間の4月20日にオマーンで急逝。死因は明かされていない。

1989年にスウェーデン・ストックホルムで生まれた、DJでプロデューサーのティム・バークリングによるソロプロジェクト、Avicii。18歳頃から音楽活動を開始し、EDMを代表するアーティストとして世界的な人気を誇った。長期にわたって体調不良だったことが以前から報じられており、3度のキャンセルを経て、2016年に初来日公演を行なった。同年からライブやツアー活動を休止。これまでに2枚のフルアルバムをリリース。ライブ活動休止後となる昨年8月に発表したEP『AVĪCI』が生前にリリースされた最後の作品となった。

昨年にはドキュメンタリー映画『AVICII: TRUE STORIES』が公開。2013年からAviciiに密着し、世界的なブレイクを果たしていく過程を映し出すと共に、様々な困難や苦悩に直面する様子も捉えられている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー