岡本太郎のまなざしを追体験する『岡本太郎の写真』展に200点超

展覧会『岡本太郎の写真──採集と思考のはざまに』が4月28日から神奈川・川崎市岡本太郎美術館 企画展示室で開催される。

フランス・パリ大学留学時に画家だけでなく、写真家とも交流し、ブラッサイやマン・レイから手ほどきを受けた岡本太郎。戦後、本格的に写真を撮り始め、自身が寄稿した文章の挿図に写真を用いた。

同展では、岡本が撮影した写真約200点をはじめ、油彩約10点、彫刻約10点を紹介。岡本がフィルムに写したモチーフや採集したイメージを軸に、岡本の目が捉えたものを検証し、絵画や彫刻にも通底する思考を探る。

会期中には関連イベントとして建築家・藤原徹平が企画・司会を務める講演会『レクチャーシリーズ「写真・採集・思考」』やトークイベントも実施。小説家の柴崎友香、写真家の下道基行、哲学者の神戸和佳子、写真研究者の楠本亜紀らが登壇する。また、展覧会『太陽の塔 誕生~八面六臂の岡本太郎』も同館で開催されている。

詳細は展覧会のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『岡本太郎の写真──採集と思考のはざまに』

2018年4月28日(土)~7月1日(日) 会場:神奈川県 川崎市岡本太郎美術館 企画展示室 時間:9:30~17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜(4月30日は開館)、5月1日 料金:一般800円 高・大学生・65歳以上600円 ※中学生以下無料
  • HOME
  • Art/Design
  • 岡本太郎のまなざしを追体験する『岡本太郎の写真』展に200点超

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて