ニュース

永野芽郁主演の朝ドラ『半分、青い。』追加キャストに間宮祥太朗、斎藤工ら

2018年前期のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の追加出演者が発表された。

永野芽郁がヒロイン・鈴愛を演じている同作。「人生・怒涛編」の追加キャストとして発表されたのは、鈴愛が東京で出会う「だめんず」たちを演じる間宮祥太朗、嶋田久作、斎藤工、「100円ショップ大納言」のオーナーである3姉妹を演じるキムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩。

間宮祥太朗は、映画会社「クールフラット」の助監督で飽きっぽい性格の森山涼次役、嶋田久作は100円ショップ大納言の雇われ店長・田辺一郎役、斎藤工は芸術家肌の映画監督・元住吉祥平役を演じる。

NHKのオフィシャルサイトでは追加キャストと永野芽郁、脚本を担当している北川悦吏子のコメントを掲載中。間宮は「初めての連続テレビ小説への出演、その上脚本が北川悦吏子さんとお聞きした時は胸が躍りました。台本には、人間味と愛嬌の溢れる登場人物達が、飛び出て来そうな程生き生きと描かれていて、自然と笑い、泣きました」とコメント。斎藤工は「『半分、青い。』の素敵な世界の中で全く他人とは思えず心から肯定と否定を注げる元住吉祥平として生きられる事の喜びはひとしおです」と語っている。

間宮祥太朗のコメント

初めての連続テレビ小説への出演、その上脚本が北川悦吏子さんとお聞きした時は胸が躍りました。台本には、人間味と愛嬌の溢れる登場人物達が、飛び出て来そうな程生き生きと描かれていて、自然と笑い、泣きました。台詞やト書きの一つ一つから感じる北川さんの愛情を、自分の心身を通して演じる事は、とても心地が良く、温かい感触がします。自分に託された森山涼次の日々を大切に過ごし、大切にお届けする事が出来れば、間違いなく愛してもらえる青年です。「半分、青い。」ファンの皆さん、森山涼次と間宮祥太朗をどうぞ宜しくお願い致します。

嶋田久作のコメント

ある意味人生を降りている人物ですが、その人もやはり日々生きているのですから、鈴愛とのやりとりの中で、田辺という人物に興味を持って頂けるよう演じられればと思っています。優しく案外強い人ではないかと思っています。

斎藤工のコメント

「半分、青い。」の素敵な世界の中で全く他人とは思えず心から肯定と否定を注げる元住吉祥平として生きられる事の喜びはひとしおです
魅力溢れる共演者方・制作チーム方の一部として襟を正し共に物語を紡げたらと思います

キムラ緑子のコメント

いち視聴者として朝から本気で笑って泣いて見ておりました「半分、青い。」に出演させていただくことになり、大変光栄です。北川悦吏子さんの作られるすてきな世界観の中に肩の力を抜いて自然に身を置きたいと思っています。怒っていても、けんかしていても愛情深く涼次を見守る“三オバ”藤村姉妹のにぎやかな掛け合いを楽しんでいただければと思います。

麻生祐未のコメント

北川悦吏子さん脚本の「愛していると言ってくれ」に出演させていただきました。また、連続テレビ小説「カーネーション」演出の田中さん、以前ご一緒させていただいた皆さんと「半分、青い。」で再会することができて本当に嬉しく思います。演じる麦をはじめ、藤村姉妹は強烈なキャラクターぞろいですが、おいっ子の涼次のこととなるとみんな一生懸命に動き回ります。そんなやりとりを楽しみにしていただければ嬉しいです。

須藤理彩のコメント

「天うらら」からちょうど20年。連続テレビ小説に戻ってくることができ、大変光栄です。20年前の今頃は、このスタジオで生きていたんだなぁーと、久しぶりに戻ってきた実家の様に、しみじみ空気を感じながら、楽しく撮影に励んでおります。今回、藤村三姉妹の末っ子として、鈴愛の人生においてとても大切な時期を共にします。北川悦吏子先生の脚本も本当に斬新で、この面白さをいかに伝えられるか、はたまた、それ以上に演じられるか?今までの経験を全て捧げ、先輩方に必死に食らいついて、愛すべき三姉妹にすべく演じたいと思います。

永野芽郁のコメント

スズメ自身が全く違う環境になり、新たなドラマが始まったような気がしてドキドキしていますが、現場で個性的なキャラクターの皆さんとどんな空気感で過ごせるのか、とても楽しみです

北川悦吏子のコメント

人生・怒涛編、出演のみなさまへ。
いよいよ「半分、青い。」撮影は半分を越えまして、新しいキャストのみなさんの発表です。
本当に、よくまあ、これだけ揃えた、集まってくださった、と感無量です。
どのシーズンのキャスト発表の時にも思うことですが、初めましての方、またお会いできました、の方。
それぞれに愛しく、楽しみであり、ドキドキしています。
楽しんでやってもらえると、信じています。
どの役にも、愛を注いだつもりです。
今まで開かなかった扉が、初めて開きますように。
私の中では、みなさまとお会いできる、と聞いて、いくつかの扉が開きました。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性