漫画の「描線」を読み解く『MdN』特集に五十嵐大介、今日マチ子、白浜鴎ら

特集記事「マンガの線 その描線から読み解けるもの」が、本日5月7日発売の『MdN2018年6月号』に掲載されている。

同特集では、漫画の「描線」に注目して漫画を新たな視点から解読。同誌の表紙イラストを手掛けた五十嵐大介をはじめ、『ニュクスの角灯』の高浜寛、『空挺ドラゴンズ』の桑原太矩、『映像研には手を出すな!』の大童澄瞳、筆で描かれたアニメーション『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』のセバスチャン・ローデンバック監督へのインタビューなどを掲載する。

さらに、おかざき真里、今日マチ子、清水栄一と下口智裕、白浜鴎、スケラッコ、高野ひと深、だろめおん、西尾雄太、森泉岳土、米代恭による漫画ガイドや、伊藤剛と青木俊直が漫画の「線」を描く基本的なツールを紹介する記事なども収録。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 漫画の「描線」を読み解く『MdN』特集に五十嵐大介、今日マチ子、白浜鴎ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて