ニュース

Aqua Timezが年内で解散 「燃え尽きたような感覚」

Aqua Timez
Aqua Timez

Aqua Timezが2018年をもって解散することを発表した。

オフィシャルサイトにはメンバー5人のコメントを掲載。TASSHI(Dr)は4月に発表されたアルバム『二重螺旋のまさゆめ』の制作後、メンバーが燃え尽きたような感覚を覚えたことを明かし、「話し合いの末、今までと同じ熱量で、この先Aqua Timezの音楽を作ることが出来ない、そして、そうなった以上、活動を続けていくことは出来ないという結論に至りました」と解散の決定に至った経緯を報告している。

また太志(Vo)は「ファンのみんな、一緒に歌ってくれたこと、下らない俺たちのMCで笑いあったこと、励まし合える関係になれたこと、Aqua Timezを広めようとしてくれたこと、何となく上がりきれなかった日も、何とかお互いに上げようとした日も、どれも宝物です」、OKP-STAR(Ba)は「Aqua Timezというバンドもメンバーもスタッフもteamのみんなも本当に大切だし、これからもその気持ちは変わりません」と感謝の想いを綴っている。各メンバーのコメント全文はオフィシャルサイトで確認しよう。

バンドは5月から9月にかけて行なわれる『Present is a Present tour2018』終了後に、感謝の気持ちを込めたライブを行なう予定。詳細は決定次第、発表される。

Aqua Timezは2003年に太志、OKP-STARを中心に結成。サポートメンバーだった大介(Gt)、mayuko(Key)が参加し、2006年にTASSHIが加わって現在の5人編成になった。2005年に発表されたインディーズ1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』の収録曲“等身大のラブソング”で注目を集め、同作は80万枚のヒットを記録。2006年には『NHK紅白歌合戦』への出場を果たし、その後もドラマ『ごくせん』の主題歌“虹”、アニメ『BLEACH』エンディングテーマ“MASK”などを手掛けている。今年4月25日に8枚目のアルバム『二重螺旋のまさゆめ』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で