名古屋『爆音映画祭』に『バーフバリ』前後編、『ガルパン』など9本

上映企画『爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋 vol.3』が、6月21日から愛知・109シネマズ名古屋で開催される。

名古屋での開催は3回目となる『爆音映画祭』。総合プロデュースを樋口泰人(boid)が手掛ける。

上映作品には、『グレイテスト・ショーマン』『レ・ミゼラブル』『ラ・ラ・ランド』『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』『ベイビー・ドライバー』『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話の9本がラインナップ。

6月21日には『グレイテスト・ショーマン』の「爆音応援上映」、6月22日には「V8J絶叫上映企画チーム」による『キングスマン:ゴールデン・サークル』『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』の「爆音絶叫上映」を実施。チケットの販売は5月15日からスタートする。詳細は109シネマズ名古屋のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋 vol.3』

2018年6月21日(木)~6月24日(日) 会場:愛知県 109シネマズ名古屋
上映作品: 『グレイテスト・ショーマン』(監督:マイケル・グレイシー) 『レ・ミゼラブル』(監督:トム・フーパー) 『ラ・ラ・ランド』(監督:デイミアン・チャゼル) 『キングスマン』(監督:マシュー・ヴォーン) 『キングスマン:ゴールデン・サークル』(監督:マシュー・ヴォーン) 『ベイビー・ドライバー』(監督:エドガー・ライト) 『バーフバリ 伝説誕生』(監督:S・S・ラージャマウリ) 『バーフバリ 王の凱旋』(監督:S・S・ラージャマウリ) 『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話(監督:水島努)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 名古屋『爆音映画祭』に『バーフバリ』前後編、『ガルパン』など9本

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて