ニュース

PASSPO☆が解散を発表 9月の中野サンプラザワンマンをもって

PASSPO☆
PASSPO☆

PASSPO☆が、9月22日に東京・中野サンプラザで開催されるワンマンライブをもって解散することを発表した。

オフィシャルサイトではスタッフからのコメントとして「昨年末より今後の活動やクルーそれぞれの将来について、本人達と話し合いを重ねてきた中で、別の道で挑戦したいという希望が出て参りました。その中であらゆる可能性を踏まえてクルー、スタッフ共にPASSPO☆という形を残すことに尽力してきましたが、『この7人で続けられないのであれば』という思いがあり、最終的に解散という道を選ぶこととなりました」と経緯を説明。

また話し合いの中で最後まで「解散後もPASSPO☆の楽曲を歌い継いでいきたい」という意志が揺るがなかったというメンバーの根岸愛と森詩織については「何かしらの形で彼女たちが歌い続けられる場所を残していきたいと考えております」としているほか、「ほかのクルーも同様に可能な限り、各々のサポートを続けて参ります」と報告している。

またPASSPO☆のメンバーである「クルー」一同からも、彼女たちのファンの指す「パッセンジャー」に向けてコメントを発表。「3人の卒業があったものの9年間ずっとこの仲間でやってきたこと、それに誇りを持ってきたから、『あと1人でも欠けたら解散だと思う。』という気持ちが現実になってしまった事は、悲しくてしょうがないです」としつつ、「PASSPO☆になれたこと、PASSPO☆でいられたことは、これからも人生の誇りです。何にもできない、渋谷にいただけのJC、JKの自分たちに自信を持つことが出来たのも、PASSPO☆があったからです。私たちをPASSPO☆にしてくれて、PASSPO☆でいさせてくれてありがとう」と綴られている。

2009年に10人組グループとして結成されたPASSPO☆は、2011年にシングル『少女飛行』でメジャーデビュー。2015年にメンバー3人が脱退して以降、オリジナルメンバー7人で活動を続けてきた。メンバーがそれぞれの楽器を担当するバンド編成の「BAND PASSPO☆」でも活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら