庭劇団ペニノ『蛸入道 忘却ノ儀』を「10倍楽しむ会」に長塚圭史、宮城聰ら

イベント『庭劇団ペニノ×セゾン文化財団 演劇体験拡張講座 庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」を10倍楽しむ会 』が6月21日から東京・森下スタジオ Cスタジオで開催される。

演出家のタニノクロウが主宰を務める庭劇団ペニノ。6月28日から森下スタジオで上演される『蛸入道 忘却ノ儀』は劇団にとって約3年ぶりの新作となり、巨大な寺を舞台に8人の僧が五感を駆使した「極限状態」を生み出していく「一体・没入型」の音楽劇となる。

公演に先駆けて行なわれる『庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」を10倍楽しむ会』は講師と共に作品への理解を深めるレクチャーと実演を体験するビューイング、作品について講師と共に議論するフィードバックの3部から構成。ゲスト講師にはタニノクロウのほか日替わりで、明治大学国際日本学部教授の萩原健、朝日新聞記者の山口宏子、作曲家、ピアニストの奥田裕、劇作家、演出家、俳優の長塚圭史、SPAC芸術総監督の宮城聰を迎える。全編通して約2時間を予定。チケットは現在発売中だ。

タニノクロウは「1つの作品を1日で裏の裏まで全て味わい尽くすための企画です。この作品のマジックもミステリーも全てお話ししますので、『夢のままでいたい!』『ありのまま肌で感じたい!』という方は是非『公演』の方にお越しいただけたらと思います」とコメントしている。

タニノクロウのコメント

私にとって重要なゲスト講師の⽅々と語り合い、この作品を深く理解するための、深く感じるためのレクチャーになればと思っています。その後『蛸入道 忘却ノ儀』を全てお見せし、実演後はフィードバックの時間も設けております。
1つの作品を1日で裏の裏まで全て味わい尽くすための企画です。この作品のマジックもミステリーも全てお話ししますので、「夢のままでいたい!」「ありのまま肌で感じたい!」という方は是非「公演」の方にお越しいただけたらと思います。
知って10倍楽しむのも良いですし、そのまま肌で感じるのも良いです。
どちらも我々にとってありがたいものです。

 

公演情報

『庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」を10倍楽しむ会』

2018年6月21日(木)~6月25日(月) 会場:東京都 森下スタジオ Cスタジオ
2018年6月21日(木) ゲスト講師: 萩原健 タニノクロウ 2018年6月22日(金) ゲスト講師: 山口宏子 タニノクロウ 2018年6月23日(土) ゲスト講師: 奥田裕 タニノクロウ 2018年6月24日(日) ゲスト講師: 長塚圭史 タニノクロウ 2018年6月25日(月) ゲスト講師: 宮城聰 タニノクロウ チケット:各公演 前売4,500円 当日5,000円 学生3,800円 ※全席自由/入場整理番号付き。未就学児入場不可
公演情報

『蛸入道 忘却ノ儀』

2018年6月28日(木)~7月1日(日)全8公演 会場:東京都 森下スタジオ Cスタジオ
作・演出:タニノクロウ 出演: 飯田一期 木下出 島田桃依 永濱佑子 西田夏奈子 日高ボブ美 森準人 山田伊久磨 チケット:各公演 前売4,500円 当日5,000円 学生3,800円 ※全席自由/入場整理番号付き。未就学児入場不可
  • HOME
  • Stage
  • 庭劇団ペニノ『蛸入道 忘却ノ儀』を「10倍楽しむ会」に長塚圭史、宮城聰ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて