ニュース

坂本龍一が韓国・ソウルで初の展覧会 ナムジュン・パイクらとのコラボ作も

坂本龍一の展覧会『Ryuichi Sakamoto Exhibition: LIFE, LIFE』が5月26日から韓国・ソウルのpiknicで開催される。

ソウルの中心地である南山のふもと、会賢洞に新しくオープンするアート・文化施設「piknic」。『Ryuichi Sakamoto Exhibition: LIFE, LIFE』はそのオープニングイベントとなり、10月までの約5か月にわたって実施される。同展は今年デビュー40周年の坂本龍一の多様な歩みを紹介する大規模展示となる。

会場内では坂本とナムジュン・パイク、Alva Noto、高谷史郎、アピチャッポン・ウィーラセタクン、Zakkubalan、ユ・ソンジュンらとのコラボレーション作品を展示・上映。また坂本の代表曲を鑑賞できるほか、音と映像のインスタレーション作品『LIFE - fluid, invisible, inaudible...』『water state 1(水の様態1)』や、1980年代から1990年代、2000年代にかけての坂本の活動を紹介する。さらに鑑賞者限定でpiknic内のルーフトップへの入場も可能となっており、ラウンジではBluetoothヘッドホンで坂本の曲を堪能できる。

『戦場のメリークリスマス』『ラストエンペラー』『天命の城』などの映画音楽を手掛け、国際的に活動する坂本龍一。韓国内でもポピュラーなアーティストとして名前を知られている。同展では坂本が森林保全、人権問題への提言や活動、原子力発電や日本の憲法改定への反対姿勢を明確にする社会運動家でもあることを、韓国国内にもっと知らせるためのねらいも含まれている。

『Ryuichi Sakamoto Exhibition: LIFE, LIFE』ポスタービジュアル
『Ryuichi Sakamoto Exhibition: LIFE, LIFE』ポスタービジュアル
坂本龍一
坂本龍一
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mime“Driftin”MV

5人組バンドMimeによる“Driftin”MVが公開。シャムキャッツやJJJのMVも手掛けた芳賀陽平がディレクションを務めており、逆光やボケをあえて取り入れる演奏シーンが新鮮。突き動かされるようなサウンドと伸びやかな声の相性が抜群で、閉じ込めた気持ちと解放感のせめぎ合いを感じる歌詞もエロい。(井戸沼)

  1. 星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り 1

    星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り

  2. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 2

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  3. 新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送 3

    新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送

  4. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 4

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  5. 映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着 5

    映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着

  6. 究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化 6

    究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化

  7. オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作 7

    オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作

  8. 植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も 8

    植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

  9. 少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介 9

    少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介

  10. D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品 10

    D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品