アニメ映画『ニンジャバットマン』本編映像 ジョーカーらが戦国日本を支配

アニメーション映画『ニンジャバットマン』の本編映像が公開された。

ワーナーブラザースによる『ニンジャバットマン』の舞台は、現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップした戦国時代の日本。現代のテクノロジーから切り離されてしまったヒーローと戦国大名となった悪党とのバトルを描く。

今回公開された本編映像では、タイムスリップしたバットマンの「ここはどこだ?」というセリフや、提灯とねぶたの山車灯篭を背景に先にタイムスリップしていたキャットウーマンがバットマンに状況を説明する場面、バットマンとジョーカーのバトルシーンに加えて、ペンギン、ハーレイ・クイン、トゥーフェイス、ポイズンアイビーらの姿が確認できる。

6月15日に公開される同作の監督を務めたのは水崎淳平。脚本は『天元突破グレンラガン』『キルラキル』の中島かずき、キャラクターデザインは『アフロサムライ』の岡崎能士、アニメーション制作は同作が初長編映画となる神風動画が手掛ける。声優陣はバットマン役の山寺宏一、ジョーカー役の高木渉、キャットウーマン役の加隈亜衣、ハーレイ・クイン役の釘宮理恵。

作品情報

『ニンジャバットマン』

2018年6月15日(金)から新宿ピカデリーほかで公開
監督:水崎淳平 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:岡崎能士 音楽:菅野祐悟 アニメーション制作:神風動画 声の出演: 山寺宏一 高木渉 加隈亜衣 釘宮理恵 子安武人 田中敦子 諏訪部順一 チョー 森川智之 三宅健太 梶裕貴 河西健吾 小野大輔 石田彰 大塚芳忠
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アニメ映画『ニンジャバットマン』本編映像 ジョーカーらが戦国日本を支配

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて