デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

『UKIYO-E PROJECT presents デヴィッド・ボウイ 浮世絵展』が、6月23日から東京・原宿のBOOKMARCで開催される。

現代のミュージシャンを木版画で表現する「UKIYO-E PROJECT」。これまでにKISS、IRON MAIDENとコラボしてきた。第3弾となる今回は、デヴィッド・ボウイとのコラボとなり、テリー・オニールの写真『ダイアモンド・ドッグズ』をモチーフにした浮世絵『出火吐暴威変化競「竹沢藤次」』と、ブライアン・ダフィーの写真『アラジン・セイン』がモチーフの浮世絵『出火吐暴威変化競「鬼童丸」』の2作品が展開する。

2作品の発売を記念した展覧会では、浮世絵や写真の展示を実施。作品の販売も行なう。6月22日にはオープニングレセプションを開催。

『出火吐暴威変化競「竹沢藤次」』の絵師は石川真澄、彫師は3代目関岡扇令・関岡裕介、摺師は伊藤達哉、『出火吐暴威変化競「鬼童丸」』の絵師は石川真澄、彫師は佐藤奈美、摺師は中山誠人がそれぞれ担当。いずれもサイズは480mm×340mm、200点限定で税込価格108,000円となる。浮世絵は「UKIYO-E PROJECT」のオフィシャルサイトでも6月23日から販売する。

イベント情報

『UKIYO-E PROJECT presents デヴィッド・ボウイ 浮世絵展』

2018年6月23日(土)~7月1日(日) 会場:東京都 原宿 BOOKMARC 時間:12:00~19:00
  • HOME
  • Art,Design
  • デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて