ニュース

クリヨウジ×坂本慎太郎がコラボ披露 宇川直宏キュレーション企画6月開催

アニメーションと音楽のコラボレーションイベント『GEORAMA2017-18 presents チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ』が6月19日に東京・渋谷のWWW Xで開催される。

『GEORAMA2017-18』は、「アニメーション概念の拡張と逸脱」をテーマに掲げるイベント『GEORAMA』の第3シリーズ。昨年12月開催の『変態アニメーションナイト ザ・ツアー』を皮切りにスタートし、『チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ』が最終企画となる。同イベントは、2016年にアメリカのアニメーション作家ブルース・ビックフォードの来日を記念して行なわれた『ニューディアー presents GEORAMA2016特別企画「チャネリング・ウィズ・ミスター・ビックフォード」』に続き、今回で2回目を迎える。

1928年に生まれたクリヨウジは、福井出身のアニメーション作家。1958年に『久里洋二漫画集』で『第4回文藝春秋漫画賞』を受賞。1960年に「久里実験漫画工房映画部」を設立し、アニメーション制作を開始。『第23回ヴェネチア映画祭』青銅賞および『アヌシー国際アニメーションフェスティバル 1962』特別審査委員賞を受賞した『人間動物園』をはじめ、『ひょっこりひょうたん島』『11PM』内のアニメーションや、『24時間テレビ』のロゴデザインなどを手掛ける。2018年に『広島国際アニメーションフェスティバル』の国際名誉会長に就任した。

イベントには前回に引き続き坂本慎太郎が出演。クリヨウジのアニメーション作品にあわせて自身のオリジナル曲をフルセットで演奏するという。キュレーターを務めた宇川直宏(DOMMUNE)は、「クリヨウジと坂本慎太郎!!!!!! この二大巨星の邂逅は、米朝首脳会談よりも意義深い、ドラマティックな皆既日食だ!!!!! 太陽と月が重なって描かれるダイヤモンドリングのように神秘的な天体現象が、この日、立ち現れるに違いない!!!!!!!!」とコメントを寄せている。

チケット販売は5月26日10:00からスタート。

宇川直宏(DOMMUNE)のコメント

戦後日本にアートアニメーションという新しい地平を切り開いた(久里洋二改め)クリヨウジは偉大だ!!!!!!! 氏は、生誕90歳の卒寿を迎えた今も日夜セル画に命を吹き込み、この世界を動かし続けている!!!!!!! NHK『みんなのうた』で“動く絵”を体感し(MTV開局の16年前に既に)NTV『11PM』で“動くポピュラーミュージック”を享受した僕らは、“クリヨウジ”と書いて“アニメーション”と読んでいる...そう、クリヨウジこそが日本アニメーション界の真の創世神なのだ!!!!!!!! そんな偉大なクリヨウジの実験アニメーション作品を投影し、その映像に呼応しながらあの坂本慎太郎がフルセットライヴを行う空前絶後の歴史的試みがこの度、実現する!!!!!!! 新奇な歌と演奏でお伽話を口承する坂本慎太郎は、空虚な現代日本における弁士であり、サイケデリックな吟遊詩人である!!!!!! クリヨウジと坂本慎太郎!!!!!! この二大巨星の邂逅は、米朝首脳会談よりも意義深い、ドラマティックな皆既日食だ!!!!! 太陽と月が重なって描かれるダイヤモンドリングのように神秘的な天体現象が、この日、立ち現れるに違いない!!!!!!!!

 

『GEORAMA2017-18 presents チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ』メインビジュアル(デザイン:宇川直宏)
『GEORAMA2017-18 presents チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ』メインビジュアル(デザイン:宇川直宏)
クリヨウジ ©YOJI KURI 2018
クリヨウジ ©YOJI KURI 2018
坂本慎太郎
坂本慎太郎
宇川直宏(DOMMUNE)
宇川直宏(DOMMUNE)
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために