ニュース

少女の夏を描く『悲しみに、こんにちは』 谷川俊太郎や奈良美智らが感想

映画『悲しみに、こんにちは』が、7月下旬から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

『第71回カンヌ国際映画祭』ウーマン・イン・モーション・アワードを受賞した同作は、スペインに生まれたカルラ・シモン監督の幼少期の記憶や体験をもとに、子供から少女に至る、人生で「もっとも異質な」時間を描いた作品。両親をある病気で亡くしたフリダは、バルセロナからカタルーニャの田舎に引っ越し、若い叔父夫婦のもとで暮らすことになるが、新しい家族として暮らすには互いに時間がかかるというあらすじだ。英題は『SUMMER1993』。

出演者はライラ・アルティガス、パウラ・ロブレス、ブルーナ・クッシ、ダビド・ヴェルダグエル、フェルミ・レイザック。なお同作はシモン監督の長編デビュー作となる。あわせてポスタービジュアルと場面写真が公開。また同作には谷川俊太郎、いがらしみきお、西巻茅子、今日マチ子、奈良美智からコメントが寄せられている。

谷川俊太郎のコメント

少女フリダの愛くるしい顔と無言の行動にひそむ、苦しく悲しい孤独....涙はフリダを解放しただろうか?

いがらしみきおのコメント

まるで三人称視点で撮られた POV(一人称)映画のようです。シモン監督の自伝的作品であり、私の自伝でもあり、あなたの自伝でもあります。夏休み、田舎、おじさんとおばさん、大人だけの会話、ひとり遊び、いとこ、お祭り、誰にとっても身に覚えのある映画。

西巻茅子のコメント

フリダの表情、仕ぐさの中に女の子の全てを感じることができる。最後に泣いているフリダを観て、あゝ彼女は、いい夏を過したんだと思えた。泣けることは、素晴らしい。

今日マチ子のコメント

頑なで張り詰めた少女の心と、あたたかさを求める子どもの本能。ふたつが田舎の美しい光の中、拮抗している。「泣いたって、いいんだよ!」わたしたちも伸ばした手をもてあます大人達のひとりになるだろう。

奈良美智のコメント

主人公のひと夏の始まりは、僕の心を孤独感で揺さぶるが、小さき者はいつの間にか成長していく。それに気付く時、彼女の生きる世界の何気ない美しさも見えてくるのだ。

『悲しみに、こんにちは』ビジュアル
『悲しみに、こんにちは』ビジュアル
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
画像を拡大する(12枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察