ニュース

少女の夏を描く『悲しみに、こんにちは』 谷川俊太郎や奈良美智らが感想

映画『悲しみに、こんにちは』が、7月下旬から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

『第71回カンヌ国際映画祭』ウーマン・イン・モーション・アワードを受賞した同作は、スペインに生まれたカルラ・シモン監督の幼少期の記憶や体験をもとに、子供から少女に至る、人生で「もっとも異質な」時間を描いた作品。両親をある病気で亡くしたフリダは、バルセロナからカタルーニャの田舎に引っ越し、若い叔父夫婦のもとで暮らすことになるが、新しい家族として暮らすには互いに時間がかかるというあらすじだ。英題は『SUMMER1993』。

出演者はライラ・アルティガス、パウラ・ロブレス、ブルーナ・クッシ、ダビド・ヴェルダグエル、フェルミ・レイザック。なお同作はシモン監督の長編デビュー作となる。あわせてポスタービジュアルと場面写真が公開。また同作には谷川俊太郎、いがらしみきお、西巻茅子、今日マチ子、奈良美智からコメントが寄せられている。

谷川俊太郎のコメント

少女フリダの愛くるしい顔と無言の行動にひそむ、苦しく悲しい孤独....涙はフリダを解放しただろうか?

いがらしみきおのコメント

まるで三人称視点で撮られた POV(一人称)映画のようです。シモン監督の自伝的作品であり、私の自伝でもあり、あなたの自伝でもあります。夏休み、田舎、おじさんとおばさん、大人だけの会話、ひとり遊び、いとこ、お祭り、誰にとっても身に覚えのある映画。

西巻茅子のコメント

フリダの表情、仕ぐさの中に女の子の全てを感じることができる。最後に泣いているフリダを観て、あゝ彼女は、いい夏を過したんだと思えた。泣けることは、素晴らしい。

今日マチ子のコメント

頑なで張り詰めた少女の心と、あたたかさを求める子どもの本能。ふたつが田舎の美しい光の中、拮抗している。「泣いたって、いいんだよ!」わたしたちも伸ばした手をもてあます大人達のひとりになるだろう。

奈良美智のコメント

主人公のひと夏の始まりは、僕の心を孤独感で揺さぶるが、小さき者はいつの間にか成長していく。それに気付く時、彼女の生きる世界の何気ない美しさも見えてくるのだ。

『悲しみに、こんにちは』ビジュアル
『悲しみに、こんにちは』ビジュアル
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
『悲しみに、こんにちは』
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲