堤真一がJ・マンビィと再タッグ イプセン戯曲『民衆の敵』11月上演

舞台『民衆の敵』が11月29日から東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで上演される。

ヘンリック・イプセンが1882年に発表した戯曲『民衆の敵』は、温泉の発見に盛り上がるノルウェー南部の海岸町を舞台にした作品。医師のトマス・ストックマンは、温泉の水質が汚染されていることを突き止め、真実を伝えるべく民衆集会を開くが、そこで彼は「民衆の敵」と烙印を押されてしまうというあらすじだ。ノルウェーからアメリカに渡った同作はアーサー・ミラーによって翻案され、ブロードウェイなどで上演されてきたが、今回の公演では新たに戯曲を翻訳して上演される。

正義を志すばかりに次第に「民衆の敵」となり、家族との幸せも危ぶまれていくトマス役に堤真一、トマスを支え続ける妻カトリーネ役に安蘭けい、新聞の編集者でご都合主義のホヴスタ役に谷原章介、トマスとカトリーネの娘で教師のペトラ役に大西礼芳、カトリーネの養父で水質汚染の原因である製革工場の主モルテン・ヒール役に外山誠二、住宅所有組合の会長で印刷屋のアスラクセン役に大鷹明良、トマスの唯一の理解者であるホルステル船長役に木場勝己、市長、警察署長、温泉管理会会長を務めるトマスの実兄ペテル・ストックマン役に段田安則がキャスティング。演出は2016年の『るつぼ』以来、約2年ぶりにシアターコクーンに登場するジョナサン・マンビィが手掛ける。堤とマンビィは今回で2度目のタッグとなる。

なお同公演は『DISCOVER WORLD THEATRE』の第4弾で、Bunkamuraの開館30周年を記念した公演の第1弾。7月から行なわれるBunkamuraの改修工事後初の上演となる。チケットの販売は9月を予定。また12月下旬には大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

イベント情報

『民衆の敵』

演出:ジョナサン・マンビィ 作:ヘンリック・イプセン 翻訳:広田敦郎 出演: 堤真一 安蘭けい 谷原章介 大西礼芳 外山誠二 大鷹明良 木場勝己 段田安則 東京公演 2018年11月29日(木)~12月23日(日・祝) 会場:東京都 渋谷 Bunkamura シアターコクーン 大阪公演 2018年12月下旬 会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール
  • HOME
  • Stage
  • 堤真一がJ・マンビィと再タッグ イプセン戯曲『民衆の敵』11月上演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて