50万平米の大庭園が会場 『チームラボ かみさまがすまう森のアート展』

『チームラボ かみさまがすまう森のアート展』が、7月19日から佐賀・武雄温泉の御船山楽園で開催される。

今年で4回目の開催となる『チームラボ かみさまがすまう森のアート展』。テーマは「連続する生命の形」となる。昨年には「designboom magazine」において「2017年のアートインスタレーション」第1位に輝いた。会場となる御船山楽園は1845年に開園された国登録記念物の名勝地。

今年は50万平方メートルの大庭園内に「自然が自然のままアートになる」新作プロジェクトを展開するほか、全18作品を展示予定。展示作品は『小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング』『夏桜と夏もみじの呼応する森』『生命は連続する光 - ツツジ谷』『増殖する生命の巨石』『かみさまの御前なる岩に憑依する滝』『呼応するランプの森』『小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々』など。各作品のイメージ映像が公開されているので、あわせてチェックしてみよう。

※記事掲載時から会期が変更になりました。

イベント情報

『チームラボ かみさまがすまう森のアート展』

2018年7月19日(木)~10月28日(日) 会場: 佐賀県 武雄 御船山楽園 入場料: 大人1,200円 中高生800円 ※小学生・未就学児無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 50万平米の大庭園が会場 『チームラボ かみさまがすまう森のアート展』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて